明神滝&水尻滝

2017.10.07(Sat)

秋田県北秋田市にある「明神滝」&「水尻滝」

阿仁地区には、安の滝、幸兵衛滝等の名瀑が多数存在しますが、その中から、今では登山道も崩壊し、行く人もほとんどいなくなった2本を紹介します。
幸兵衛滝のある立又峡谷の手前にある水尻沢とその枝沢にある明神滝と水尻滝は、同じ稜線上で離れて落ちています。同時に見ることはできませんが、どちらもなかなかの規模です。
恒例となったフォトガイド名瀑紀行・秋田の滝シリーズの佐藤さんたちと御一緒させていただくプランで行ってきました。
訪問は、9月16日です。

<アクセス>
道の駅あにから、阿仁打当方面に向かいます。
しばらく道なりに進んで、安の滝方面の安滝林道に入らず、さらに道なりに進んで、立又峡谷方面に向かい、水尻沢の標柱を過ぎて少しすると、右手に広めのスペースがあるので、ここに駐車してスタートします。

<アプローチ>
無題

少し戻って、水尻沢の標柱を過ぎると、右側に看板の名残が朽ち落ちています。
P9160027.jpg
P9160003.jpg
ここから藪が生い茂っていますが、良く見ると登山道の名残らしき雰囲気がありますので、ここから登っていきます。

地形図上だと登山道が続くように見えますが、最初の渡渉のあたりからは、それはないと思ったほうが良いです。
20170916085118-444740.jpg
したがって、沢から離れないように、ときには沢を進んでいきます。
ここを少し過ぎた辺りから巨岩帯になるので、西側から巻くように進んで行ったほうが楽なようです。
P9160012.jpg

標高660~670m付近から沢に降ります。ちょうど水尻沢と明神滝のある枝沢の合流地点の少し先にでます。
まずはここから明神滝に向かいました。
ここも沢をそのまま進むよりは、沢の左手をあまり離れないように進んで行くと、明神滝が見えてくるので、ギリギリのところで沢に出ます。
ここからは右岸からでも、沢からでも近づけます。
見る角度で姿は変わりますし、規模も大きく、見事です。念願だった滝の1つだったので、感動もひとしおでした。
なお、撮影上の関係で上段には行きませんでしたが、右岸を大きく巻けば、上段直下にも降りられると思います。
_DSF0004_20171007205143f28.jpg
_DSF0011.jpg
_DSF0021.jpg

今度は来たルートを戻りながら、水尻沢に出ます。今度は、基本的に岩がゴロゴロした崩落地帯をそのまま登り、途中で右岸から少し巻くように進みます。
P9167340.jpg

標高710m付近で沢に戻ると、正面奥に水尻滝が開けて見えます。
_DSF0047.jpg

ここは、崩壊がどんどん進んでおり、近づくのは危険なので、720~730m付近までにとどめたほうが賢明です。上部でちょっとした弾みで力が加わると一気に下流に崩れてくるので、巻き込まれたら命はないと思いましょう。
ここから沢を下り、途中で明神滝のある沢との合流部手前から往路とほぼ同じルートを辿って戻りました。

靴は長靴でも登山靴でも沢靴でも問題ないと思いますが、個人的に沢靴に慣れていることもあり、下手に迷うなら精神衛生上は楽なので、沢靴で行きました。
特に危険箇所はないですが、登山道はすでに跡形もなくなっているものと思って自己責任で行きましょう。
ですが、素晴らしい滝なのは間違いないです。森吉山塊の大瀑に外れはないことがまた1つ、実感できました。

※参考コースタイム
駐車スペース⇒明神滝(約1時間半)⇒水尻滝(約30分)⇒駐車スペース(約1時間半)

関連記事
スポンサーサイト
チェック

COMMENT

anan #-

いつも拝見させていただいております

はじめまして、いつもブログ拝見させていただいております滝好きのananと申します。
マニアックな滝の記事、更新楽しみにしております^ ^
ルートのわかりやすさ写真の美しさ沢山参考にさせていただいております。
よろしくお願いします(⌒▽⌒)

2017.10.10(Tue) 21:51 | URL | EDIT

すずき #.zfh79b6

はじめまして。
当ブログを御覧くださり、ありがとうございます。
HP(ぶらり滝めぐり)のサブ的に訪問記を載せている程度なので、更新頻度は悪いので、恐縮です。

ananさんのHP、拝見しました!
シャチヒネリとか結構ハードなところ行かれてますね。
凄いです。

こちらこそよろしくお願いします。

私のHPからリンクを貼らせていただいたのですが、不都合等ありましたら、お申し付けください。
その場合は解除いたしますので。

2017.10.11(Wed) 20:45 | URL | EDIT

anan #-

リンクありがとうございます

すずき様

リンクありがとうございます!
こちらもリンクさせていただきたいのですが、やり方が分からず。。判明し次第させて頂きたく思いますm(_ _)m

また、御縁がございましたら滝巡りもご一緒できたら大変嬉しく思います^ ^

2017.10.11(Wed) 21:51 | URL | EDIT

すずき #.zfh79b6

機会がありましたらぜひ、いずれ御一緒したいですね。
今後ともよろしくお願いします。

2017.10.14(Sat) 02:15 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。