六方の滝

2017.05.28(Sun)

神奈川県湯河原町にある「六方の滝」

元々は無名で、中尾沢の滝(F2)とも呼ばれていましたが、最近、地元によって六方の滝の名が付けられたようです。
落差はそれほど大きなものではありませんが、その魅力は柱状節理の見事さにあります。
滝の周囲が柱状節理の岩盤というところは結構ありますが、本体部分がまさに柱状節理というのは滅多にない珍しいものと言えると思います。
初の正式開催となったツアー募集の話を滝仲間(ゆかりんさん)からもらって、3人(Rieさん、いせさん)で参加してきました(ほかの参加者は9人、ガイド4人)。
訪問は、5月20日です。

<アクセス>
この日はツアーであるため、湯河原駅前にある観光案内センターで受付を済ませ、路線バスで幕山公園に向かいましたが、通常であれば、国道135号から町道を使って幕山公園に向かいます(駐車場あり)。
公園管理棟があり、ここからスタートします。

<アプローチ>
無題


_DSC1085.jpg
管理棟横をまっすぐ進むか、階段を上って左に進みます(いずれにしても同じ場所に出ます。)。
しばらくは舗装された遊歩道となっています。


_DSC1093.jpg
しばらく進むと石の祠と鳥居があります(山の神)。

この先もしばらくは川の右岸に沿った遊歩道を進んでいきます。幕山への分岐手前で橋を渡り、また道なり(左岸)に進みます。

③,④
_DSC1173.jpg
_DSC1175.jpg
少し進むと正面に水道施設があり、フェンスで閉鎖されていますが、この右側に登山道が続いており、こちらに進みます。この辺からやっと登山道に入った感じが出てきます。


_DSC1167.jpg
しばらくすると白銀林道と合流し、少しだけ白銀林道を歩くとすぐに分岐があり、土肥大杉跡方面(右)に入ります。


_DSC1108.jpg
この辺りから苔生した樹林帯に入ります。


_DSC1166.jpg
すぐに右側から沢が流れてきていますが、ここが清水の滝との分岐になり、ここを約50分ほど遡上すると清水の滝に行けるとのことでした。


_DSC1113.jpg
少し進むと木々越しですが、谷下に滑滝が落ちています。落差は小さいですが、幅広の本流瀑です。ここは容易に下りていけそうな感じでした。

少し進むと土肥大杉跡との分岐となりますが、ここから沢筋に沿って右に進みます。何度か渡渉もありますが、岩伝いに容易に進めます。


_DSC1129.jpg
まもなく右手に紫音の滝が落ちています。ゴツゴツした岩肌が特徴的で、中尾沢の滝F1に当たります。水量は少ないですが、なかなか良い感じです。


_DSC1138.jpg
正面には無名瀑が落ちており、この前を横切って、紫音の滝右岸を高巻きます。結構な急斜面でロープが設置されていますので、不安な方は使いましょう。初心者や、山道に慣れていない人には、ここは怖いかもしれません。ただ、ここはある程度慣れていれば、まったく問題なくフリーで上り下りできます。

登り終えるとすぐ正面に、目的の六方の滝が現れました。
到着まで約2時間30分でしたが、実質約2時間で着けると思います。
※なお、椿ラインから伸びている登山道があり、ここからなら1時間弱で着けるようです(土肥大杉跡と沢の分岐付近に出ます。)。

_DSF0731.jpg
_DSF0740.jpg
_DSF0733.jpg
_DSF0748.jpg

幅広の柱状節理はとても整っていて、荒々しさだけでなく美しさも兼ね備えています。
普段の水量は少なめのようですが、このときは水量の少ない時期にかかわらず数日前の雨もあって、ちょうど良い水量だったと思います。
水量が多すぎても柱状節理の魅力が味わえませんし、少なすぎても今度は滝として楽しむことができませんから。

昼食も含めた滝前での時間は約50分で物足りなさはありましたが、ツアーとして安全に、かつ予定どおり戻るには仕方のないことですね。しかも初の正式ツアーとなればなおさらですし。
ここは清水の滝と併せてリベンジしたいところです。

装備については、六方の滝までなら登山靴で大丈夫です(清水の滝まで足を延ばすなら、沢靴必須)。
基本的には整備されたところを歩く部分がほとんどで、アップダウンもないので、快適なトレッキングが楽しめます。
唯一注意が必要なのは、高巻き部分でしょうか。

なお、この場を借りて改めまして、情報をくれたけど参加できなかったゆかりんさん、そして申込み等の調整をすべてやってくれたRieさんにはお礼申し上げます。

ゆかりんさんのブログ(滝の音とともに)

Rieさんのブログ(TAKIRIE)

いせさんのHP(isseiの里山)
関連記事
スポンサーサイト
チェック

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑