立間戸谷(源助滝、牛鬼滝、屏風滝)

2017.05.13(Sat)

三重県熊野市にある「立間戸谷」

立間戸谷は、子ノ泊山を源流にしており、いくつかの巨瀑を抱え、その絶景は多くの滝ヤ・沢ヤを魅了してやみません。
特に屏風滝は絶景で、左手の遥か上方に見える屏風岩の柱状節理とともに見上げた光景は素晴らしいの一言に尽きます。
以前から行きたかった場所で、このゴールデンウィークを狙っていましたが、ちょうど1か月半くらい前に滝仲間2人がアタックしていて、上流部を含めてリベンジとのことなので、埼玉在住の滝仲間とともに4人でアタックしてきました。
訪問は、5月5日です。

<アクセス>
一度、道の駅瀞峡街道熊野川で合流&準備をしてから、和歌山県を通る国道168号を西進し、三和大橋を渡って三重県に入り、県道740号を東に約3キロ進むと子ノ泊山登山口があります。ここの路肩に駐車し、スタートします。

<アプローチ>
無題
立間戸谷にかかる橋の手前の路肩に3台くらいの駐車スペースがあり、ここが登山口となっています(①)が、基本的に要所にマーキングのある登山道を進みます。
P5050045.jpg

スタートして間もなく、左手に磨かれた一枚岩をつたう滝がありますが、基本的には涸れているか、かなり水量が少ないかのいずれかと思われます(②)。
~スタートから約5分~
P5050046.jpg

巨岩帯続く谷の右岸を進むと、対岸にカラ滝が遠望できます(③)が、そのまま進むとすぐ、巨岩帯を対岸に導くようにロープが張られている(ケルンもあり)ので、これに従って巨岩を越えながら右岸に渡ります(④)。樹林帯に入るとすぐ、右側に木梯子が斜めにかかっている(⑤)のでこちらに進みます。
~②から約15分~
P5050049.jpg
P5050050.jpg
P5050051.jpg

少し進むと巨岩があるので、その下を潜って岩の上に出ます(⑥)。
~⑤から約5分~
P5050052.jpg

谷に出たところで対岸のケルンを目印に右岸に渡り、登山道に入ります(⑦)。
~⑥から約5分~
P5050053.jpg

しばらく進むと足元に小さな案内で「源助滝」の表示があり、ここから木々越しの対岸に源助滝が見えています。ここから下にトレース痕が少しあるので、それを頼りに進んだら、岩を乗り越えながら下って行くと約10分で源助滝の正面に立つことができます。
~⑦から約20分~
_DSF0078_20170513231353ddb.jpg

再び慎重に登山道に復帰したら、また右岸に続く登山道を進むと源助滝を見下ろせるポイントに着きます。間もなく対岸の樹木に赤黄赤のテープが巻きつけられているので、それを目指すように巨岩帯右岸に渡ります。そこから岩壁の下に続く登山道を進み、高度を上げていくと、和気ノ森との分岐に着きます。ここにはゴミ捨て禁止の黄色い看板を利用してマジックで「滝→」と書かれた看板もあります(⑧)。
~源助滝直下から約20分~
P5050060.jpg

ここから、先ほど歩いてきた岸壁の上をへつるように設けられた登山道を進みます。ちなみにこの辺からは迷うような場所ははく、ほぼ一本道です。しばらく進むと、美しい淵を携えた小滝が現れます(⑨)。
~⑧から約40分~
P5050065.jpg
P5050066.jpg
_DSF0092.jpg

すぐ左手には涸滝があります(⑩)。この手前に鉄梯子があるので、これを登ります(⑪)。
登ってすぐ、木梯子があります(⑫)が、これは登らずにそのまま登山道を進みます(結果的に合流するので)。少しすると苔生した世界が広がっています(⑬)。間もなく謎の標柱があります(⑭)。子ノ泊山が北東は良いとして、滝が北西は謎です。これに導かれて違う方向に進まないようにしましょう。
すぐ木梯子(正規ルート)がありますが、横板が外れており、推奨できません。虎ロープが張られているので、ありがたくこれを利用し、いったん沢に降ります(岩巻きルート)。間もなく正規ルートと合流しますが、この辺りが欅平というキャンプサイトになっています。
少し進むと牛鬼滝のある本流と屏風滝のある枝沢とが合流する出会い滝に着きます。
~⑨から約35分~
P5050075.jpg
P5050076.jpg
P5050079.jpg
P5050081.jpg
P5050082.jpg
_DSF0093.jpg

まずは牛鬼滝に向かいます。出会い滝の右側をロープを利用しながら登り(⑮)、すぐ沢に降り立ちます。ここから渡渉して周りこむか、そのまま山肌を進むかいずれかで牛鬼滝に行けますが、色んな表情を見せてくれる滝なので、まずは渡渉して滝の左側から進み、戻るときは右側から山肌を下って来たほうが良さそうです。
P5050085.jpg

まもなく牛鬼滝に到着です。
~出会い滝から約5分~
_DSF0122.jpg
_DSF0130.jpg

落差60m、岩肌を滑るように、そして弧を描くように落ちる姿は壮大でありながら優美です。
左から見ると末広がりに見えますが、右側から見ると緩やかに弧を描いて落ちていくのが分かります。その姿はどことなく、秋田の幸兵衛滝を思い出させてくれます。

さて、ここで昼食の後、ほかの3人は牛鬼滝の上流部を目指します。
まだのこの上にはスラブ滝、ナメ滝、大滝などがあり、魅力的ではありますが、屏風滝が第一の目的でここで時間を使いたかったので、いったん別行動をとります。

先に出会い滝を降り、巨岩帯を進んでいきます。
ところどころマーキングもありますが、立ち木エリアも利用しながら進んでいきます。
おおむね、中洲から右岸、更に左岸という感じで進みました。
しばらくすると、屏風岩が上方に見えてきて、ようやく念願の屏風滝に到着です。
~牛鬼滝から約20分。スタートしてから2時間40分~
_DSF0136.jpg
_DSF0209.jpg
_DSF0222.jpg
_DSF0233.jpg
_DSF0243.jpg
_DSF0185.jpg

落差70m、左の遥か上方には屏風岩がそそり立ち、圧巻の情景ですが、これに抱かれるように右に落ちる屏風滝の景色は荘厳という言葉がピッタリです。
傾斜のある岩肌をつたうように落下してくる分岐瀑で、単体でももちろん美しく、見事です。
ここも右、正面、左と見る角度によってイメージがだいぶ変わりますが、やはり屏風岩とともに見上げる右側からの姿が素晴らしいと思います。

ここで約2時間半ほど、屏風滝を独り占めしていました。
眺めたり、撮影したり・・・そうこうしているうちに時間はあっという間に過ぎていきます。
2時45分頃、同行メンバー3人が屏風滝に到着しました。

更に1時間半ほど、思い思いに楽しんだ後、時間も押し迫っているので帰路につきます。
帰路はハイペース、先導者曰く「後ろがどんどん迫るように着いてくるから」とのこと。
帰りは1時間20分でしたが、この所要時間はアテにしないようにしてください。
普通のペースなら2時間弱程度見越したほうが良いかと思います。

リベンジ組の2人とはここで解散し、最後に鼻白滝を日没間際に見に行きました。
ギリギリで中華料理店で夕食にありつくことができ、前日と同じ宿に大満足しながら戻りました。

※注意等
このエリアにはヤマビル、マダニがいるとのことですので、ヒル避け、虫刺され対策の薬等は必要です。また、このことから、当然、できるだけ地肌を露出しないようにしましょう。
登山靴でも問題なく行けると思いますが、水量が多い時期だと濡れるかもしれません。また、岩肌がところどころ滑りやすいのと、登山道が中心になることから、フェルトタイプの沢靴はあまり推奨しません。
(装備)
頭部:バンダナの上にヘルメット(ヒル&ダニ対策)
衣服:長袖長ズボン
足:ハードタイプのラバーソール沢靴&ネオプレンスパッツ


ヤマレコにもアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1139783.html
関連記事
スポンサーサイト
チェック

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑