鼓滝

2015.12.06(Sun)

福島県福島市にある「鼓滝」

高湯不動滝の下流に位置し、情報も少なくあまり知られていない幻の滝とも言えます。
訪問は、11月28日です。

<アクセス>
県道70号から信夫温泉方面に入り、さらに林道を進みます。基本的に舗装されていますが、廃道となっており、道も狭い上、落石等も多いので、注意が必要です。県道から約1.5キロ進むと、急な左カーブの約100m手前に大きな倒木があり、その前のカーブ付近に駐車してスタートします。

<アプローチ>
tudumi-map.jpg
廃林道をしばらく進みます。
舗装されており、ところどころガードレールのある道ですが、廃道ゆえか、崩落、欠損、落石、倒木、藪等が見受けられます。
最初の分岐は、上(右)に進みます。藪が多くて道に見えないかもしれませんが、気を付けていれば見落としはないでしょう。

約10分進むと、大規模な崩落と倒木があり、強行突破も可能だと思いますが、右上から小さく迂回したほうが安全です。
なお、迂回ルート上にはまるで邪魔するかのようにバラ科の木がたくさんあります。

次に出てくる分岐は、下(左)に向かいます。
堰堤が見えたら、木の根等を利用して数メートル下の沢に降下しますが、斜面の足場は意外と脆いです。
なお、ここまでで約2キロ、時間にして約40分です。

沢に下りたら、あとは上流を目指して進むだけですが、渡渉するなり、左岸を進み続けるなり、沢を遡上するなり、それぞれ進みやすいルートを選びましょう。
ところどころ巨岩もありますが、難所はありません。
沢に下りてから約500m、時間にして約20分で滝前に到着です。

落差約40mあり、豪快な部分と繊細な部分も垣間見えるような複雑な形状で流れ落ち、しかも下段付近の抉れ、周囲の深い滝壺と岩肌と相まって、なかなか見事です。
_DSF0004_01.jpg
_DSF0024_01.jpg
_DSF0008_01.jpg
_DSF0032_01.jpg
DSC01739_01.jpg

アプローチ上、ルートは荒廃し、藪が多いことから落葉時期を狙いましたが、緑か紅葉に彩られた姿を見たいと感じます。
マイナーだけれど、とても美しい滝です。
訪問する人も少ないことから、滝前はありのままの雄大な自然を体感できます。

なお、帰路につこうとした矢先、岩の上に動物の糞がありました。大きさと形状から、「もしや?」と思いましたが、案の定、ツキノワグマのものだったようです。結構新鮮だったので、同日の朝、あの辺を徘徊していたのでしょうか。
情報によるとあの辺りは熊の巣穴も多いようです。
難所はありませんが、むやみやたらに彼らのテリトリーを侵すべきではないと思いますし、行くにしてもそれなりの装備・意識でアタックすることが大事でしょう。
関連記事
スポンサーサイト
チェック

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑