柳沢(赤岩滝、黒岩滝、天女滝)

2015.11.16(Mon)

栃木県日光市にある「柳沢」

奥日光の西ノ湖手前にある沢で、赤岩滝、黒岩滝、天女滝のほか、無名でも様々な滝が楽しめる沢です。
訪問は、10月3日です。

<アクセス>
国道120号沿い、戦場ケ原手前の赤沼車庫の駐車場から低公害バスに乗り、西ノ湖入口で下車し、ここからスタートします。

<アプローチ>
yanagisawa.jpg
しばらくは林道歩きが続きます。
基本的に、赤岩滝の案内に従って進めば良いので、そこまでは迷うことはありません。
歩き始めて50分くらいで、本流を渡渉し、今度は右岸を進みます。
そこから30分ほど進み、左岸から流れ込む沢のほうに進むと赤岩滝ですが、今回は、先に黒岩滝と天女滝に向かいます。

この辺りからは、道もなくなり、沢の遡行になります。
規模はそれほど大きくないながらも色んな滝があり、直登、高巻きなど、自由なルート選びもできます。
ただ、数年前に比べてかなり崩落が進んでおり、地形の変化も感じました。

約1時間進んだところで沢の分岐があります。
地形図には沢の表示はありませんが、左岸から流れ込む枝沢に入ります。
約20分ほど進むと、比較的規模の大きな末広がりの分岐瀑が現われます。
_DSC1567.jpg
右岸・左岸どちらからでも行けると思いますが、左岸のほうが掴む木もありますし、岩のホールドも効きやすいです。
この滝を越えたすぐ先に、もう少し小さいですが似たような滝があり、ここも左岸のほうが突破しやすいと思います。
更に進むと間もなく、左岸からなかなか見事な滝が落ちており、奥にも滝が連なっています。
_DSC1460.jpg
バスの時間の都合もあるので、前回の訪問時から気になっていましたが、今回も横目にしながら本流をそのまま進むとすぐ黒岩滝に到着します。
_DSF0509.jpg
黒岩滝は、撮影が難しいですが、複雑な形をした綺麗な分岐瀑です。
ここから右岸の藪を強引によじ登っていくと、黒岩滝の落ち口に出るので注意して降り、そこから間もなく、天女滝に到着します。
_DSF0576.jpg
_DSF0593.jpg
この滝は、「日光四十八滝を歩く」で「天女が空に舞いあがるかのような滝」と紹介されている無名の滝ですが、通称・天女滝で通っている美しい滝です。
ここまで、途中の撮影も含めて約4時間です。
まだ下流部は紅葉には早かったですが、天女滝は紅葉に彩られ、絶景に出会えました。

帰路は下る一方なので時間は短縮できますが、特に黒岩滝前まで降りるところと2つの末広がりの分岐瀑を降りるところは注意が必要です。
基本的に往路と同じルートですが、大きいほうの分岐瀑は、不安があれば藪の中を掻き分けて降りたほうが安全でしょう。

天女滝から約1時間40分で赤岩滝への分岐に到着します。
定石なら濡れないように進むところですが、赤岩滝は今回で4度目なので、沢からそのまま進めるところを行くと、約10分で赤岩滝に到着です。
_DSF0618.jpg
やはりその落差と水量、そして周囲の景観には毎度圧倒されます。

この柳沢、唯一の難点は、低公害バスの時間に制約されるところですね。シーズンオフならともかく、ここから赤沼車庫まで舗装路をひたすら歩くのは避けたいところですから。
往復の時間を考えると、早朝運行便がある時期の休日が望ましいでしょう。

黒岩滝・天女滝まで行くなら沢靴など、それなりの装備に加え、ある程度の経験は必要ですが、行く人も少ないことから大自然に向き合うことができる行程はとても楽しめます。
関連記事
スポンサーサイト
チェック

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑