庵滝

2014.01.26(Sun)

栃木県日光市(奥日光)にある「庵滝」

最初に単独で氷瀑を見に行って以来、これで計5度目の訪問となりました。
ちなみに、冬3回、夏2回です。
普段の姿とはまた違った顔を見せる滝で、個人的にお気に入りの場所です。
以前に比べ、訪れる人は増えているような気がします。
訪問は、1月25日です。

<アクセス>
国道120号沿い、戦場ケ原の少し手前、赤沼茶屋が目印です。
この裏手に赤沼車庫があり、シーズン中は低公害バスが運行しますが、冬は走りません。
駐車場は封鎖されているので、道路の広い路肩に駐車します。

<アプローチ>
庵滝ルート

踏み跡がないこともありますが、だいたいは先人がおり、踏み跡を辿れば問題ありません。
ない場合でも、小田代ケ原を抜けるまでは遊歩道の名残(雪に覆われ、杭の上部が顔を出しています。)やピンクテープが頼りになります。
冬場はスノーシューがあったほうが良いです。なくても大丈夫だと思いますが、弓張峠からは大変ではないでしょうか。

赤沼から小田代ケ原を抜け、弓張峠まで約1時間、ここまではほぼ平坦な道のりです。
弓張峠から林道を登っていくと、無人観測所があり、この先から外山沢に向かって下って行きます。
踏み跡があることが多いですが、見つけられなくても沢の名残が見て取れるので、あとは、山と山の間の谷の部分を目指して進んでいきます。
最初に訪問したときは単独で、しかも踏み跡がまったくありませんでしたが、辿り着けました。
歩いているとあまり感じませんが、緩やかに登っていく感じ(弓張峠~庵滝の標高差約200m)です。
外山沢の上流で本流であろう庵沢(左)と緑沢(右)に分かれ、緑沢は更に右の外山沢に分かれています。
弓張峠から約1時間で庵滝に到着します。
赤沼から庵滝まで片道約6km、約2時間(往復12km、4時間)の行程です。

なお、地形図にある「庵滝」は更に小滝を越えた先にあり、「外山滝」とも言われる滝です。
「日光四十八滝を歩く」によれば、一般に庵滝と呼ばれるF1を「庵滝」とするのが正しいと思われます。

弓張峠からの行程は約1時間ですが、通常の状態でもほぼ同じです。
冬は雪に覆われているので歩きやすいのですが、無雪状態だと、似たよう涸れ沢(地形図にない沢も多数)の岩のゴロゴロしたところを歩くので、結果的に冬のほうがスノーシューをつけていて速度が遅くなっても歩きやすいです。
ただ、吹雪いていると地形が掴みづらいので、無理は禁物だと思います。

庵1
庵2
庵3
庵4
庵5
庵6

20mほどですが、なかなか格好良い氷瀑で、裏見もできるので、色んな角度から楽しめます。
アップダウンも少なく、比較的安全にスノーシュートレッキングができるのでお勧めです。
スポンサーサイト
チェック

プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑