AKITA NATURE'S CLUB作品展

2017.04.12(Wed)

遡ること何年か前、フォトガイド名瀑紀行「あきた滝300」を探していて、既に絶版となっていた中、著者の佐藤俊正さんに譲っていただいたのが、交流を持たせていただいているきっかけになっています。

その後、一昨年秋、親しい滝仲間さんからの誘いで、一緒に秋田遠征をし、佐藤さん、小谷部さん、中泉さんと出会いました。
そして昨秋、お三方のほか土谷さんとも出会い、写真の話に花が咲いたところで、「次回から、写真展にぜひ参加して」と言っていただきました。

そして今回、初写真展参加の運びとなりました。

場所:秋田市のアトリオン
日程:4月7日~9日

8日の朝に出発し、秋田駅前のホテルにチェックイン、それから写真展に伺いました。
L1090629_01.jpg
L1090605_01.jpg
まさかこれらのポスターに私の作品が3枚も使っていただけるとは・・・(気を使ってくださった?)

皆さんに御挨拶してから、すべての作品を鑑賞・・・と思ったら、最初のブースである最近の受賞の3枚目に「輝きの朝」が^^;
L1090567.jpg

輝きの朝
※Zekkeiいばらきフォトコンテスト入賞

そして2人目のブースが私になっていました。
L1090576.jpg
L1090577.jpg
L1090582.jpg
L1090585.jpg

自分の写真が見劣りするなぁと思ってしまいましたが、皆さんからお褒めの言葉をいただき、また、会場に足を運んでくださった方々が私の写真のまで足を止め、指差したり、話し込んだりしているのを拝見して、気恥ずかしさと嬉しさがありました。

皆さんそれぞれに、写真に個性が感じられ、また、テーマも垣間見えて、なるほどなぁと勉強になりました。
また、新たな出会いもあって、とても有意義な初写真展となりました。

最終日の夕方には、秋田出身の風景カメラマン、小松ひとみさんが会場に来てくださり、、すべての作品をじっくり見てくださったそうです。
あとから佐藤さんから教えていただきましたが「このような色で撮り方で全部統一したら面白い作品になる」と批評をいただけたそうです。

「自分らしい写真とは?」と、毎度模索しながら、足掻いていますが、自分が狙っている色だとか撮り方だとか・・・これが結果的には自分らしい写真に繋がっているのかな?と少しだけホッとしました。

今年からは、もっとテーマを見つけて、じっくり風景と向き合いたいと思います。

今回、展示等すべてにおいてお世話になったAKITA NATURE'S CLUBの皆さん、ありがとうございました。
そして、会場にお越しくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
チェック

百選滝に到達して

2014.09.01(Mon)

滝めぐりを始めたきっかけは、2007年に放送されたTVチャンピオン滝通選手権でした。
同時期、一眼レフを買ったこともあり、この放送で「滝って良いな」と思い、趣味のカメラと併せ、軽い気持ちで始めた滝めぐり・・・

幼少期に行ったものを除き、2007年夏以降が始動ですが、本格的には2009年夏前からとなります。
2009年より前に行ったところは、軒並み再訪問しているので、実質2009年からとも言えます。

この2009年、自分のHP・某SNSで前述の滝通選手権優勝者・出場者と交流を持ったこと、いわゆるオフ会に参加したこと等から、色んな滝仲間に触発された時期でもあるので、この辺が大きなきっかけになっています。

そうはいっても、百選滝へのこだわりは初めからそれほどなく、初期こそ数を重視しましたが、基本的に逢いたい滝に逢いに行くスタイルで、百選は8割くらい行ければというのが当初の目標でした。
それが、残っていた西日本(特に中国・四国・九州地方)遠征で気がつけば97本となり、北海道の賀老の滝、奈良県の双門の滝、沖縄県(西表島)のマリュドゥの滝が残っていました。

賀老の滝はともかく、双門の滝コースは死亡事故も多く最難関と言われることもあり、行くつもりはなかったですし、西表島も国境近くという遠さから放置していました。
でも残り3本まで来てしまったので、とりあえず区切りとして2013年秋から訪問を計画し、同年秋、まずは最難関の双門の滝へ。そして、残ったのは北海道と沖縄、両端。最後をマリュドゥの滝にはしたくなかったので、2014年、3月にマリュドゥの滝に行き、8月に最後の賀老の滝に行ってきました。
2014年8月30日、無事、百選滝をすべて周り終えました。遠望だけの滝もありますし、案内してもらって行った滝もありますので、あえて「制覇」という言葉は使わず、「到達」に留めたいと思います。

この百選めぐり最後の旅、本当ならもっと感慨深く、感動もあったと思いますが、色々と悩み事を抱えてかなりメンタルが低下している真っ最中になってしまいました。行かない選択肢もありましたが、既に飛行機・レンタカー・宿を予約してあったため、半ば義務的な感じで行くことになってしまったのが残念ですけど、自分らしい間の悪さか、厄年の影響か、そういう巡り合わせと思って諦めます。

足掛け5年ほどで百選滝はすべて周り終えました。
もともと根っからのインドア派だったのが、滝めぐりを始めたことによりアウトドア派になってしまいました。まさかこうなるとは昔の自分では想像もつかなかったです。
ともあれ、他の趣味に手を出すつもりもないですし、これからは、時間の取れる範囲で、好きな滝に逢いに行って写真に収めるスタイルで滝めぐりを続けて行きたいと思います。

最後に、これまで色々と御一緒してくれた各地の滝仲間に感謝の言葉を・・・。
ありがとう、そして、これからもよろしく。

DSC00671.jpg

(百選滝のラスト、賀老の滝)
チェック

プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑