百間滝

2016.06.19(Sun)

長野県木曽町にある「百間滝」

滝仲間とともに、御嶽山にある百間滝の1つに滝壺を目指して行ってきました。
訪問は、6月11日です。

<アクセス>
県道20号から県道473号に入り、更に白崩林道を進んで行くと、六合目中の湯駐車場があります。
ここに駐車し、中の湯温泉方面にある登山道に向かってスタートします。

<アプローチ>
無題
案内板のある登山道に入るとすぐ、御嶽山山頂方面と百間滝方面の分岐案内があり、それに従い左に入ります。
基本的に前半はひたすら下り、沢をいくつか越えた後の後半は、緩やかな登りになります。
標高を200m下げたあと150m上げるイメージで、ところどころ足場の悪いところもあるので注意は必要です。

駐車場から約1時間で廃屋となった百間滝小屋に到着します。
ちなみにここからは、木々の間から申し訳程度に見えるだけです。

その僅かなビューポイントには簡易的に虎ロープが張られていますが、ここに見える踏み跡が降下地点となります。
ここに廃道となった滝壺へのルートがあり、階段の名残を降りて行くと、ここから一気に梯子・ロープ・斜面のトラバースを経て約100mちょっと高度を下げます。

左岸の岩壁を背にしつつ少し進むと祠跡があり、ここを過ぎて間もなく、すぐ下に沢が見えますが、そのまま岩壁脇を伝って行けるところまで進みます。
ほどなく百間滝が見えたら崩落地点から脆い地盤のところを数メートル慎重に降りて沢に出て、あとは滝に向かって数十メートル進むだけです。
降下を始めてから40分弱、スタートからトータルで1時間40分ほどで滝直下に到達できます。

_DSF0057.jpg
_DSF0055.jpg

滝前は開けていますが、崩落した岩も散乱し、爽快感と同時に、圧倒され畏怖の念を抱かずにはいられません。
滝は豪快な直瀑で落差約40mですが、周囲の絶壁と合わせた景観は迫力があります。

なお、足回りは基本的に登山靴で問題ないでしょう。滝前で自由に動きたければ沢に入る前提で。

(注意事項)
滝壺へのルートは、元々修験者の滝行用にある程度は整備されていたようですが、平成26年の木曽地域の豪雨後はかなり荒廃し、廃道と化しています。
また、平成27年の御嶽山噴火もあり、慣れた人であれば大丈夫とはいえ、危険を伴います。
地形を見れば分かりますが、急傾斜のところに作られたルートです。
何かあっても、それはすべて自己責任となることを留意してください。

ちなみに、前掲した百間滝小屋からは良く見えないという部分ですが、百間滝小屋から油木美林道に少し先に進むと、しっかり御嶽山を背にした雄大な光景を目にすることができます。
P6110048.jpg
更に少し進むと、大正滝、雄蝶滝、雌蝶滝も展望できる場所があったようですが、それは後から聞かされました。
既に時間との勝負だったため、後ろ髪を引かれる思いで帰路につきました。
スポンサーサイト
チェック

百四丈滝

2015.10.04(Sun)

石川県白山市にある「百四丈滝」

白山の加賀禅定道から見ることができる…とはいえ、見るにはかなりの時間を要する、滝界ではある意味ステータスの一部にもなるであろう名瀑です。
人の縁というか、ひょんなことから私も行くことになりました。
訪問日は、9月20-21日です。

<アクセス>
国道360号からゴンドラリフト山麓駅を目指し、さらにそこから林道を進んで、加賀新道の起点である駐車スペースに駐車して、ここからスタートします。

<アプローチ>
a001.png
※ダウンロードしていただくと、大きく表示できます。
a002.png
a003.png
a004.png

基本的に、登山道の行程が約3分の2、残りが道なき道を突き進む行程です。

加賀新道から登山道を進み、ハライ谷からの桧新宮参道からと合流(約1時間50分)し、加賀禅定道を進みます。禅定道…いわゆる修験道でもあり、平坦な道のりでないことは推して知ることができると思います。
0001.jpg0002.jpg
起点と、途中の標識
0003.jpg
加賀新道と桧新宮参道との合流地点の看板

結構なアップダウンを繰り返しながら、5時過ぎのスタートから約4時間20分で奥長倉避難小屋に到着します。
0004.jpg
この先の美女坂が結構な勾配で、登山道の中で一番キツい場所です。
0006.jpg
美女坂頭

約2時間で百四丈滝展望台に到着です。
0007.jpg
残念ながら、ガスでほとんど見ることはできませんでした。
ここから30分ほどで天池に到着です。
0008.jpg
いよいよ、「道」と別れを告げます。

ここからの行程が一番の問題で、それまでは体力さえあればちゃんとした登山道なので、誰でも行けます。
ですが、この後は、道のない場所を強引に降下して滝下に向かうことになるので、現地の地形を判断できること、地形図を読めること、そしてGPSで現在地を把握できること…この3つのいずれも必要となります。
最初のうちは薮も低いので、その中の比較的進みやすそうなところを強引に降下します。
GPSにより現在地を把握しつつ、地形図、現地の地形から岩のゴロゴロした水流跡を見つけます。
ここからしばらく降下を続けますが、そのまま進むと崖に突き当たるので、巨大岩を過ぎた辺りから適当な目星をつけ、小尾根を越えて隣の水流跡を目指します。
はっきり言って、激藪、灌木そして小高木の中を強行突破するので、歩き良さそうな場所なんてどこにもありません。
突破すると、百四丈滝が目に飛び込んできます。
0010.jpg

この辺から、水が流れているので、急傾斜の沢を下っていくことになります。
そうして降下開始から約4時間でようやく百四丈滝に到着しました。
_DSF0359.jpg
滝の迫力はもとより、岩盤の圧倒的迫力は凄まじいものがあります。
基本的に美瀑LOVEで、直瀑に萌えるわけじゃないのですが、直瀑好きにはたまらない空間だと思います。
思い残す点があるとすれば、水量が多すぎて、登山靴のみでは直下に近寄ることができなかったことでしょう。

降下は、スムーズなら3時間程度だと思いますが、地図読み等をしながら慎重に進んだこと、一度降下しすぎたこと、小尾根越えポイントを探すのに時間がかかったことで4時間くらいでした。
ただ、やはり奥深い山中であることを踏まえ、行程には余裕を見てプランニングすることが重要です。我々は余裕を見た行程を組んだにもかかわらず、結果的には到着したのが日没間際でした。

数枚撮影後、寝床となるツェルト設営を済ませ、夕食準備をしているとすぐに暗くなりました。
なお、スペースですが、一枚岩とその下に石がゴロゴロした平場が少しあるので、一枚岩に1人、その下の平場に1-2人といったところです。
滝前はかなりの寒さと強風で、ツェルトポールが倒れること数回でした。
夜中、ふと顔を出すと満天の星空…轟音でいずれにしろほとんど眠れそうもなかったので、星空&滝の撮影をしていました。
_DSF0370.jpg
_DSF0374.jpg

翌朝、朝食後、少しだけ撮影をしました。
_DSF0392.jpg
_DSF0397.jpg
_DSF0398.jpg

名残惜しいですが、いつまでも長居することは、この日のうちに帰れないことを意味するので7時頃出発。
下からなので基本的にルートの目星はつけやすいですが、やはりそれも視界があるところまで。
地形図をもとに地形の落ち込んだ水流跡をできるだけ進みますが、大岩が目に入ったら、その少し上を高巻くようなイメージで左へ進み小尾根を越えると良いと思います。
0009.jpg

水流跡が姿を消したあとは、藪を掴んで登るのみと考えていましたが、なかなか先に進めないところも多く、色々移動しながら行けそうな場所を探してはそこに進むということを繰り返して4時間半ほど(休憩30分ほどを加え、実質5時間)で天池に到着しました。

既に1時を過ぎているので、昼食をちゃんと食べていると日没には間に合わないので、携行食のみで済ませて下山開始です。
わずかばかりの小休止を挟みつつ、夕方5時過ぎに駐車スペースに戻りました。

歩いていた時間は、往路11時間、復路9時間半ほどですが、休憩、食事、そしてルート選び等を考慮すると、それぞれ12-13時間は考慮したプランが必要です。
また、重要なポイントとなる水場ですが、桧新宮参道側に一か所、御仏供水がありますが、加賀新道から行くのはある意味、寄り道ですし、奥長倉避難小屋にも近くの水場の絵がありますが、場所も分かりませんでしたし、何より普段は枯れているとのことです。したがって、滝から流れてきた沢水を汲んで煮沸して帰りの水とするのがベターではないかと。
なお、秋口だったことあり、水は思いのほか消費せず、往復ともに2リッター弱ほど飲んだくらいで済みました。

これほどの大行程、滝前泊ともに初めての体験でしたが、一生忘れることのない貴重な経験、そして思い出になると思います。
併せて、声をかけてくれ、そして同行いただいた戦友(滝仲間)には感謝の言葉が尽きません。自分一人だけだったら、と思うとゾッとします。
チェック

蓑谷三滝

2013.09.06(Fri)

岐阜県高山市にある「蓑谷三滝」

国土地理院の地形図では、蓑谷大滝のみに滝マークがありますが、ほかに2つ、下流側の支流に五郎七滝と山犀滝とがあります。
基本的に沢登りの初級コースとなっています。
台風の影響で前日は雨で、当日も決行か延期か迷いましたが、当日が3時頃からの雨予報を信じ、入渓地点で判断となり現地にオフ会メンバーが集結しました。
訪問は、9月1日です。

<アクセス>
(北側から)国道471号から県道89号に、
(南側から)国道158号から丹生川支所先の信号を北に向かい県道89号に、
の2通りです。
前者のほうが近いですが、コチラはよく通行止めになりますので、注意が必要です。
九十九折のすぐ北側、橋を渡る直前に林道があり、この奥が駐車スペースです。

<アプローチ>


雨の可能性が高いので、まずはメインの大滝を目指しました。
大滝だけなら沢登りで約1時間です。

ナメと小滝の連続で、何か所か広い滝壺や深みがありますが、そういう場所はほぼ巻くことが可能です。
水は綺麗で、赤茶系にヌメる苔が生えた岩も少ないです。
ちょっとしたアスレチック感覚の楽しい沢登りができます。

フェルト、フェルトスパイク、アクアステルス等・・・基本的にどんな沢靴でも問題ないと思います。
私含め2人はアクアステルスでしたが、濡れた急傾斜の岩場も沢の深みに落ちることなく歩けました。

大滝に到着して間もなく、大雨に降られてしまい、短時間の撮影で撤収となりました。
一気に沢も増水しており、安全第一で、山犀滝と五郎七滝はお預けとなりましたが、全部まとめても3,4時間のコースだと思います。

_DSC2574.jpg
_DSC2544.jpg
_DSC2542.jpg
チェック

プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑