王滝川百間滝

2017.07.25(Tue)

長野県王滝村にある「百間滝」

御嶽山にはいくつかの百間滝がありますが、そのうち、もっとも美しく、壮大な、全国屈指のものといえば、王滝川源流部にある百間滝でしょう。
王滝川を遡上した場合、丸2日がかりでようやく辿り着けるようですが、岐阜県側、濁河温泉からアプローチすれば日帰りも何とか可能です。
今回、滝仲間が「滝オフ会」リーダーに案内してもらえるとのことで、御一緒させてもらいました。
訪問は、7月15・16日です。

<アクセス>
県道435号の終点付近、市営の登山者用駐車場に駐車し、ここで登山届を提出します。
岐阜県は登山届提出が義務付けられているので、ここは重要です。
ここから車を集約し、県道脇、濁河温泉高原スポーツレクリエーションセンター近くの砂利の駐車場に駐車し、ここからスタートします。

<アプローチ>
無題

舗装路を進み、橋を渡り、更に進みます(材木滝方面)。
P7155190.jpg
地形図上には出ていませんが、意外ときれいな舗装路です。
約20分ほど歩いて、カーブミラー手前、ガードレールの始点脇から入っていきます。
P7150002.jpg

なお、基本的に小坂滝めぐりツアーのパノラマ滝・シン谷百間滝コースを利用する形になりますが、倒木も多く、不明瞭なので、GPSログ、コンパス等は必須です。

最初の沢は長沢(ツアーでは別の沢を長沢と言っている模様)で、これを渡り、更に踏み跡を辿ります。
P7160103.jpg
次の沢が兵衛谷となっており、ここから遡行開始します。
P7150003.jpg

沢筋、沢沿いと進みやすいところを進みます。
最初の分岐は左へ。少し進むとなかなか見事な無名瀑が出てきますが、右岸の草付きから巻けます。
P7150006.jpg
まもまく白い沢に出るので、ここから右に向かうように、緩やかな傾斜の樹林帯を進ます。
P7150007.jpg

パノラマ滝に行くにはこの途中で沢に下降して行くようですが今回はショートカットします。
一度、尾根に上がって、崖上を進み、木々の間から三段滝が見えたら、間もなく降りられそうなところから沢(シン谷)に下降して行きます。
P7150010.jpg

三段滝の途中に降り立ったら、いったん小さな段瀑の左岸を下り、樹林帯に入ります。
P7150012.jpg
DSCN8507.jpg
今回、各自おおむね17~20キロくらいのザックを背負っていますが、ここにまた戻ってくるので、荷物をデポして、アタックザックでリスタートです。

樹林帯を緩やかに下りながら、隣の尺ナンズ谷に向かい、沢に降り立ちます。
ちょうど、パノラマ滝のすぐ上辺りに出るはずです。
P7150014.jpg
ここから尺ナンズ谷を遡行しますが、まず最初の二段滝は右岸の草付きから高巻きます。
P7150016.jpg
更にもう少し進むと三段滝が現れますが、まず最初は右岸側から滝を正面突破します。
P7150017.jpg
DSCN8530.jpg
残りは右岸から高巻きます。
P7155238.jpg
ここを抜けてしばらく進むと、大崩落地点に出ます。
P7150022.jpg
以前は3本目あたりの筋から登ったようですが、崩落が進み取り付くことはできそうにありません。
やや戻って、大崩落部分の基点付近から取り付いて約40m登ると尾根筋に出ますので、尾根を越えるように向かうと、平坦な樹林帯に出て、県境をまたいで長野県に入ります。

緩やかに下っていくと、間もなく沢筋に出るので、これを降りて行きます。
途中から落差が大きくなってくるので、この滝からあまり離れないように、歩きやすいところを下降していきます。
約100m高度を下げると木々の間から念願の百間滝が見えてきます。
P7150026.jpg
P7150030.jpg
ここからも慎重に高度を下げ、王滝川に降下すると、そこはもう百間滝目の前です。

スタートしてから約6時間、ようやく念願の王滝川百間滝に辿り着きました。

滝前には素晴らしい空間が広がり、下ってきた無名滝、そして百間滝左から落ちる無名滝が、百間滝に花を添えるように絶景を作り出しています。
末広がりの分岐瀑は息を飲むほどの美しさです。
細身の流身で落ちた後、最後は末広がりに落ちる姿は優美で、言葉になりません。
見る角度を変えれば姿も変わり、飽きることはないでしょう。
_DSF0842.jpg
_DSF0802.jpg
_DSF0804.jpg
P7150043.jpg
_DSF0829.jpg
_DSF0827.jpg

名残惜しいですが、長居はできませんので、来たルートを慎重に戻ります。
県境を越えて再び岐阜県に戻ったら、大崩落地点の取り付きから下降し、沢を下ります。
パノラマ滝落ち口手前まで戻ったら尺ナンズ谷とはお別れし、樹林帯を進みます。
ザックのデポ地点で荷物を取りまとめたら、シン谷に戻って三段滝を登ります。

約300m進んでいくと、勾配の強い10mちょっとのナメ滝に出ますが、岩はホールドしやすく、グリップも効くので、恐れずに正面突破で直登します。
DSCN8609.jpg
更に少し進むと、左岸に苔生したところに湧水が落ちているので、夜・翌日の水(念のため、濾過、煮沸等はしたほうが良い)として利用させてもらいます。
そうして、中洲部分まで来ると、シン谷百間滝はもうすぐです。
(王滝川百間滝から約2時間半)

一度、ザックを降ろし、テン場を確保してから、急いで滝前に直行し、撮影します。
王滝川百間滝とは真逆の光景です。
滝本体は落差50mほどで王滝川百間に比べれば小さいですが、なかなか見事な分岐瀑です。
しかし、右岸に目をやると地質が異なった岩場で、かなり抉られています。
その姿はまるで悪魔の顔のようであり、全景を見ると、現世と隔世の狭間を思わせるような何ともいえない不思議な感覚に襲われます。
_DSF0853.jpg
_DSF0856.jpg

時間は夕方6時近く。
急いで各自寝床をセットし、やや下流部で夕食・焚き火で滝談義です。
夜9時前には寝床につきましたが、やはり百四丈滝のときと同様、沢音でまともに寝ることはできませんでした。
翌日、本来なら、ここから百間滝を高巻き、神津滝・日本最高所の滝とシン谷を登り詰めたら賽の河原から飛騨小坂口登山道経由で下山予定でした。
前日からの体調不良のメンバーの状態は回復せず、また、ザックのベルトもバックルが破損し、厳しい状態だったこともあり、下山するとのこと。
ここで悩みました。
まず王滝川百間滝で十分自分の目標は達成していたこと、自分より遥かに熟練でこの辺の地形にも精通しているとはいえ、体調不良・ザックの危ない状態で単独で下山させるのは何かあったときのことも考えて個人的に嫌だったこと、そして2日目の長い行程を考えて不安もあったこと・・・これらを踏まえて、残りの4人で先に行ってもらい、自分は下山組にまわりました。
前述のパノラマ滝・シン谷百間滝のツアーコースをトレースするように約3時間半ほどで、無事下山することができました。

残りのメンバーは無事、神津滝・日本最高所の滝を詰め、夜8時頃に無事下山したことを申し添えます。
下山の判断が正しかったかどうかは分かりません。せっかくの機会だし、行くべきだったかもしれませんが、それでも自分の判断で下山組にまわったことは後悔していません。
最後まで行ってきたメンバーには本当に心から賞賛と感謝の気持ちでいっぱいです。

今回は、滝オフ会リーダーの素晴らしいリーダーシップによるところが大きいと思います。
何度か来ているとはいえ、ルートファイディングだけでなく、パーティー全体への気配り等のリーダーシップを含めて学ぶところも多く、貴重な経験でした。
次回は自らの力で再訪したい、そう思える滝行でした。


※全体的な留意点
本文中に樹林帯という言葉が何度か出てきますが、総じてクセモノだと思ってください。岩の上に樹木が倒れ、長い年月を経て一面苔の世界となっています。そしてこの倒木は腐食が激しく、ちょっと力を掛けただけで崩れ去り、岩の間に足が嵌ることも何度かありました。こういう状態のところが非常に多いです。また、7月でも、滝ツアーが始まっていなかったせいか、荒れたままでしたし、何よりツアーでも行きやすいところをその都度進む感じらしく、不明瞭な部分も多々あります。マーキングも新旧入り乱れていますので、ルートファインディングが重要です。

※装備
まず、王滝川百間滝だけなら日帰りも可能ですが、ビバークの用意は必須です。また、シン谷百間滝で沢泊してツアーコースで下山するほうが、行程としては安心でしょう。
足回りは、高巻き等も含めると、ラバーソールの沢靴のほうが全体としては有利かと思います。
水は、沢泊前提でなら2日目の分は湧水で賄えるので、初日の分として約2リットル、食料は軽量化も考えて5食分(昼夜、朝昼+予備)程度のほかに、携行食、非常食あたり。
当然ながらここに限らず必携のヘッドライト、エマージェンシーグッズ関係、雨具等は言わずもがな。
そして重要なのは、今回は使わずに済みましたが、ハーネス、スリング、カラビナ、下降器及び登高器の山岳道具は必要です(ザイルは共通装備)。

ヤマレコにアップした記録
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1203993.html


スポンサーサイト
チェック

百間滝

2016.06.19(Sun)

長野県木曽町にある「百間滝」

滝仲間とともに、御嶽山にある百間滝の1つに滝壺を目指して行ってきました。
訪問は、6月11日です。

<アクセス>
県道20号から県道473号に入り、更に白崩林道を進んで行くと、六合目中の湯駐車場があります。
ここに駐車し、中の湯温泉方面にある登山道に向かってスタートします。

<アプローチ>
無題
案内板のある登山道に入るとすぐ、御嶽山山頂方面と百間滝方面の分岐案内があり、それに従い左に入ります。
基本的に前半はひたすら下り、沢をいくつか越えた後の後半は、緩やかな登りになります。
標高を200m下げたあと150m上げるイメージで、ところどころ足場の悪いところもあるので注意は必要です。

駐車場から約1時間で廃屋となった百間滝小屋に到着します。
ちなみにここからは、木々の間から申し訳程度に見えるだけです。

その僅かなビューポイントには簡易的に虎ロープが張られていますが、ここに見える踏み跡が降下地点となります。
ここに廃道となった滝壺へのルートがあり、階段の名残を降りて行くと、ここから一気に梯子・ロープ・斜面のトラバースを経て約100mちょっと高度を下げます。

左岸の岩壁を背にしつつ少し進むと祠跡があり、ここを過ぎて間もなく、すぐ下に沢が見えますが、そのまま岩壁脇を伝って行けるところまで進みます。
ほどなく百間滝が見えたら崩落地点から脆い地盤のところを数メートル慎重に降りて沢に出て、あとは滝に向かって数十メートル進むだけです。
降下を始めてから40分弱、スタートからトータルで1時間40分ほどで滝直下に到達できます。

_DSF0057.jpg
_DSF0055.jpg

滝前は開けていますが、崩落した岩も散乱し、爽快感と同時に、圧倒され畏怖の念を抱かずにはいられません。
滝は豪快な直瀑で落差約40mですが、周囲の絶壁と合わせた景観は迫力があります。

なお、足回りは基本的に登山靴で問題ないでしょう。滝前で自由に動きたければ沢に入る前提で。

(注意事項)
滝壺へのルートは、元々修験者の滝行用にある程度は整備されていたようですが、平成26年の木曽地域の豪雨後はかなり荒廃し、廃道と化しています。
また、平成27年の御嶽山噴火もあり、慣れた人であれば大丈夫とはいえ、危険を伴います。
地形を見れば分かりますが、急傾斜のところに作られたルートです。
何かあっても、それはすべて自己責任となることを留意してください。

ちなみに、前掲した百間滝小屋からは良く見えないという部分ですが、百間滝小屋から油木美林道に少し先に進むと、しっかり御嶽山を背にした雄大な光景を目にすることができます。
P6110048.jpg
更に少し進むと、大正滝、雄蝶滝、雌蝶滝も展望できる場所があったようですが、それは後から聞かされました。
既に時間との勝負だったため、後ろ髪を引かれる思いで帰路につきました。
チェック

百四丈滝

2015.10.04(Sun)

石川県白山市にある「百四丈滝」

白山の加賀禅定道から見ることができる…とはいえ、見るにはかなりの時間を要する、滝界ではある意味ステータスの一部にもなるであろう名瀑です。
人の縁というか、ひょんなことから私も行くことになりました。
訪問日は、9月20-21日です。

<アクセス>
国道360号からゴンドラリフト山麓駅を目指し、さらにそこから林道を進んで、加賀新道の起点である駐車スペースに駐車して、ここからスタートします。

<アプローチ>
a001.png
※ダウンロードしていただくと、大きく表示できます。
a002.png
a003.png
a004.png

基本的に、登山道の行程が約3分の2、残りが道なき道を突き進む行程です。

加賀新道から登山道を進み、ハライ谷からの桧新宮参道からと合流(約1時間50分)し、加賀禅定道を進みます。禅定道…いわゆる修験道でもあり、平坦な道のりでないことは推して知ることができると思います。
0001.jpg0002.jpg
起点と、途中の標識
0003.jpg
加賀新道と桧新宮参道との合流地点の看板

結構なアップダウンを繰り返しながら、5時過ぎのスタートから約4時間20分で奥長倉避難小屋に到着します。
0004.jpg
この先の美女坂が結構な勾配で、登山道の中で一番キツい場所です。
0006.jpg
美女坂頭

約2時間で百四丈滝展望台に到着です。
0007.jpg
残念ながら、ガスでほとんど見ることはできませんでした。
ここから30分ほどで天池に到着です。
0008.jpg
いよいよ、「道」と別れを告げます。

ここからの行程が一番の問題で、それまでは体力さえあればちゃんとした登山道なので、誰でも行けます。
ですが、この後は、道のない場所を強引に降下して滝下に向かうことになるので、現地の地形を判断できること、地形図を読めること、そしてGPSで現在地を把握できること…この3つのいずれも必要となります。
最初のうちは薮も低いので、その中の比較的進みやすそうなところを強引に降下します。
GPSにより現在地を把握しつつ、地形図、現地の地形から岩のゴロゴロした水流跡を見つけます。
ここからしばらく降下を続けますが、そのまま進むと崖に突き当たるので、巨大岩を過ぎた辺りから適当な目星をつけ、小尾根を越えて隣の水流跡を目指します。
はっきり言って、激藪、灌木そして小高木の中を強行突破するので、歩き良さそうな場所なんてどこにもありません。
突破すると、百四丈滝が目に飛び込んできます。
0010.jpg

この辺から、水が流れているので、急傾斜の沢を下っていくことになります。
そうして降下開始から約4時間でようやく百四丈滝に到着しました。
_DSF0359.jpg
滝の迫力はもとより、岩盤の圧倒的迫力は凄まじいものがあります。
基本的に美瀑LOVEで、直瀑に萌えるわけじゃないのですが、直瀑好きにはたまらない空間だと思います。
思い残す点があるとすれば、水量が多すぎて、登山靴のみでは直下に近寄ることができなかったことでしょう。

降下は、スムーズなら3時間程度だと思いますが、地図読み等をしながら慎重に進んだこと、一度降下しすぎたこと、小尾根越えポイントを探すのに時間がかかったことで4時間くらいでした。
ただ、やはり奥深い山中であることを踏まえ、行程には余裕を見てプランニングすることが重要です。我々は余裕を見た行程を組んだにもかかわらず、結果的には到着したのが日没間際でした。

数枚撮影後、寝床となるツェルト設営を済ませ、夕食準備をしているとすぐに暗くなりました。
なお、スペースですが、一枚岩とその下に石がゴロゴロした平場が少しあるので、一枚岩に1人、その下の平場に1-2人といったところです。
滝前はかなりの寒さと強風で、ツェルトポールが倒れること数回でした。
夜中、ふと顔を出すと満天の星空…轟音でいずれにしろほとんど眠れそうもなかったので、星空&滝の撮影をしていました。
_DSF0370.jpg
_DSF0374.jpg

翌朝、朝食後、少しだけ撮影をしました。
_DSF0392.jpg
_DSF0397.jpg
_DSF0398.jpg

名残惜しいですが、いつまでも長居することは、この日のうちに帰れないことを意味するので7時頃出発。
下からなので基本的にルートの目星はつけやすいですが、やはりそれも視界があるところまで。
地形図をもとに地形の落ち込んだ水流跡をできるだけ進みますが、大岩が目に入ったら、その少し上を高巻くようなイメージで左へ進み小尾根を越えると良いと思います。
0009.jpg

水流跡が姿を消したあとは、藪を掴んで登るのみと考えていましたが、なかなか先に進めないところも多く、色々移動しながら行けそうな場所を探してはそこに進むということを繰り返して4時間半ほど(休憩30分ほどを加え、実質5時間)で天池に到着しました。

既に1時を過ぎているので、昼食をちゃんと食べていると日没には間に合わないので、携行食のみで済ませて下山開始です。
わずかばかりの小休止を挟みつつ、夕方5時過ぎに駐車スペースに戻りました。

歩いていた時間は、往路11時間、復路9時間半ほどですが、休憩、食事、そしてルート選び等を考慮すると、それぞれ12-13時間は考慮したプランが必要です。
また、重要なポイントとなる水場ですが、桧新宮参道側に一か所、御仏供水がありますが、加賀新道から行くのはある意味、寄り道ですし、奥長倉避難小屋にも近くの水場の絵がありますが、場所も分かりませんでしたし、何より普段は枯れているとのことです。したがって、滝から流れてきた沢水を汲んで煮沸して帰りの水とするのがベターではないかと。
なお、秋口だったことあり、水は思いのほか消費せず、往復ともに2リッター弱ほど飲んだくらいで済みました。

これほどの大行程、滝前泊ともに初めての体験でしたが、一生忘れることのない貴重な経験、そして思い出になると思います。
併せて、声をかけてくれ、そして同行いただいた戦友(滝仲間)には感謝の言葉が尽きません。自分一人だけだったら、と思うとゾッとします。
チェック

蓑谷三滝

2013.09.06(Fri)

岐阜県高山市にある「蓑谷三滝」

国土地理院の地形図では、蓑谷大滝のみに滝マークがありますが、ほかに2つ、下流側の支流に五郎七滝と山犀滝とがあります。
基本的に沢登りの初級コースとなっています。
台風の影響で前日は雨で、当日も決行か延期か迷いましたが、当日が3時頃からの雨予報を信じ、入渓地点で判断となり現地にオフ会メンバーが集結しました。
訪問は、9月1日です。

<アクセス>
(北側から)国道471号から県道89号に、
(南側から)国道158号から丹生川支所先の信号を北に向かい県道89号に、
の2通りです。
前者のほうが近いですが、コチラはよく通行止めになりますので、注意が必要です。
九十九折のすぐ北側、橋を渡る直前に林道があり、この奥が駐車スペースです。

<アプローチ>


雨の可能性が高いので、まずはメインの大滝を目指しました。
大滝だけなら沢登りで約1時間です。

ナメと小滝の連続で、何か所か広い滝壺や深みがありますが、そういう場所はほぼ巻くことが可能です。
水は綺麗で、赤茶系にヌメる苔が生えた岩も少ないです。
ちょっとしたアスレチック感覚の楽しい沢登りができます。

フェルト、フェルトスパイク、アクアステルス等・・・基本的にどんな沢靴でも問題ないと思います。
私含め2人はアクアステルスでしたが、濡れた急傾斜の岩場も沢の深みに落ちることなく歩けました。

大滝に到着して間もなく、大雨に降られてしまい、短時間の撮影で撤収となりました。
一気に沢も増水しており、安全第一で、山犀滝と五郎七滝はお預けとなりましたが、全部まとめても3,4時間のコースだと思います。

_DSC2574.jpg
_DSC2544.jpg
_DSC2542.jpg
チェック

プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑