津室沢大滝

2016.06.08(Wed)

群馬県沼田市にある「津室沢大滝」

正式には無名のようですが、その筋?では知られている隠れた美瀑です。
百四丈の滝で御一緒した滝仲間Mさんから以前から「ぜひその美しい姿を撮ってほしい滝」と言われていて、今回同行していただきました。
訪問は、6月5日です。

<アクセス>
国道120号から平川小学校方面に入り、道なりにしばらく進み、平川不動滝のある古瀧庵不動尊の看板もやり過ごして更に進むとY字の分岐路がありますが、右に進みます。
今回は落石等はかなり少なかったですが、元々落石の多いエリアなので注意は必要です。
舗装された林道終点部分に車止めゲートがあり、手前の退避スペースに駐車し、スタートします。

<アプローチ>
tumurosawa-sokou.png
林道をしばらく進みます。基本的に、泙川(ひらかわ。旧名たにがわ)沿いのほぼ平坦な道ですが、ところどころ崩落が見られます。
約20分で1つめのトンネルがあり、更に約35分で2つめのトンネルがあります。ここを過ぎると間もなく沢に降りる道があります。
仮に三重泉沢橋に出てしまったときは少しだけ通り過ぎています。
降りた先の沢は三重泉沢で、泙川の枝沢となっており、これを下ると間もなく現われる堰堤を降ります。

ちなみにこの日、事前の天気予報では芳しくなかったのですが、当日になると予報が変わり、うってかわっての青空でした。
P6050006.jpg

三重泉沢から泙川本流に出合うと、とても綺麗なエメラルドグリーンの清流となります。
P6050008.jpg

この本流を遡るとすぐに、右手に枝沢が見え、ここが目的の津室沢です。
出合い部分に1mほどの小滝があり、その奥にゴルジュが確認できます。この部分が3段25mの滝となっていて、ルート上で一番の難所となります。
ここは後から見に行くことにして、津室沢の右岸を尾根筋に沿って急登して高巻きます。
6361.jpg
(もう1人の同行メンバーPさんからお借りした写真)

木の根や岩を利用しながら慎重に進みます。
途中、3段25m滝を俯瞰できますが、なかなか格好良い形をしています。
P6050013.jpg


この先もそれほどの難所ではありませんが、かなりの急斜面となる部分も多く、慎重に進む必要があります。
25m滝を高巻いて沢に降りますが、地形の関係で約70m高度を上げてから約30m沢に向けて降下することになります。
そのため、場所によっては、滑落すれば命の保証はありません。
なお、ところどころピンクテープ、踏み跡、ワイヤー、残置ロープの残骸があるので、それを目印にしましょう。
6360.jpg

沢に降りて遡るとすぐ小さな段瀑があり、なかなか綺麗です。
P6050017.jpg
滑床を進むと間もなく、小さなゴルジュに5m滝があり、小ぶりながらも見事です。
P6050020.jpg

ここは少し手前の右岸から簡単に巻けます。
更に滑床を進んでいくと、トータル約2時間で、目当ての津室沢大滝に到着です。

3段で45m、個性的な滝が多い群馬県にあって、珍しく端正で美しい見事な滝です。
ただ、その中でも個性はあり、控えめながらしっかり自己主張はする清楚な素晴らしい滝です。
左岸、右岸、正面と、見る位置によって印象は異なります。
どちらかというと右岸側が水量の多い主瀑で、左岸側は水量が少し劣る分岐部分といった感じです。
この写真では伝わりませんが、実際に目にすると規模と美しさに見惚れます。
_DSC0780.jpg
_DSC0828.jpg
_DSC0797.jpg
_DSC0822.jpg


約1時間半の滞在後、今度は3段25m滝を目指します。
往路同様に慎重に尾根筋をトラバースし、まずは俯瞰できる場所へ。
この辺からザイルを垂らせば安全に行けそうですが、トラバースしつつ降りる感じになりそうなので、いったん津室沢出合いの1m滝上から右岸沿いに進みます。
P6050050.jpg
3段目は深い滝壺で左岸は進めないので、右岸の一択ですが、堆積した落ち葉と柔らかい地面、ホールドしづらい岩に難儀します。
強引に行けそうですが、帰りを考えると、慎重なルートシミュレーションが必要です。
今回は案内してくれたMさんが、強行突破の後、ザイルを垂らしてくれました。
突破後に急勾配の岩肌をトラバースすると2段目の滝壺に出ます。
岩沿いにへつりながら、進むと反対側に出ることができます。
ここからだと落差をあまり感じることはできませんが、切り立った断崖を抉るように落下する姿は見事でした。
P6050062.jpg
_DSC0835.jpg


なお、津室沢の川床は見た目ではあまり分かりませんが意外とフリクションが弱く、滑りやすいので、フェルトが一番グリップが効きそうでした。
一方、尾根筋の高巻きを考えるとラバーソールが良さそうです。
ラバーのステルスソールのキャニオニングシューズで行きましたが、トータルではアクアステルスにすれば良かった気もします。

ともあれ、これだけの美瀑に出逢うことができ、大満足の行程でした。

同行いただいたMさん、Pさん、ありがとうございました。
併せて、好きな滝を目の前にすると撮影に没頭してしまう悪い癖が出てしまい、御迷惑をおかけしました。
懲りずに、またよろしくお願いします。
スポンサーサイト
チェック

柳沢(赤岩滝、黒岩滝、天女滝)

2015.11.16(Mon)

栃木県日光市にある「柳沢」

奥日光の西ノ湖手前にある沢で、赤岩滝、黒岩滝、天女滝のほか、無名でも様々な滝が楽しめる沢です。
訪問は、10月3日です。

<アクセス>
国道120号沿い、戦場ケ原手前の赤沼車庫の駐車場から低公害バスに乗り、西ノ湖入口で下車し、ここからスタートします。

<アプローチ>
yanagisawa.jpg
しばらくは林道歩きが続きます。
基本的に、赤岩滝の案内に従って進めば良いので、そこまでは迷うことはありません。
歩き始めて50分くらいで、本流を渡渉し、今度は右岸を進みます。
そこから30分ほど進み、左岸から流れ込む沢のほうに進むと赤岩滝ですが、今回は、先に黒岩滝と天女滝に向かいます。

この辺りからは、道もなくなり、沢の遡行になります。
規模はそれほど大きくないながらも色んな滝があり、直登、高巻きなど、自由なルート選びもできます。
ただ、数年前に比べてかなり崩落が進んでおり、地形の変化も感じました。

約1時間進んだところで沢の分岐があります。
地形図には沢の表示はありませんが、左岸から流れ込む枝沢に入ります。
約20分ほど進むと、比較的規模の大きな末広がりの分岐瀑が現われます。
_DSC1567.jpg
右岸・左岸どちらからでも行けると思いますが、左岸のほうが掴む木もありますし、岩のホールドも効きやすいです。
この滝を越えたすぐ先に、もう少し小さいですが似たような滝があり、ここも左岸のほうが突破しやすいと思います。
更に進むと間もなく、左岸からなかなか見事な滝が落ちており、奥にも滝が連なっています。
_DSC1460.jpg
バスの時間の都合もあるので、前回の訪問時から気になっていましたが、今回も横目にしながら本流をそのまま進むとすぐ黒岩滝に到着します。
_DSF0509.jpg
黒岩滝は、撮影が難しいですが、複雑な形をした綺麗な分岐瀑です。
ここから右岸の藪を強引によじ登っていくと、黒岩滝の落ち口に出るので注意して降り、そこから間もなく、天女滝に到着します。
_DSF0576.jpg
_DSF0593.jpg
この滝は、「日光四十八滝を歩く」で「天女が空に舞いあがるかのような滝」と紹介されている無名の滝ですが、通称・天女滝で通っている美しい滝です。
ここまで、途中の撮影も含めて約4時間です。
まだ下流部は紅葉には早かったですが、天女滝は紅葉に彩られ、絶景に出会えました。

帰路は下る一方なので時間は短縮できますが、特に黒岩滝前まで降りるところと2つの末広がりの分岐瀑を降りるところは注意が必要です。
基本的に往路と同じルートですが、大きいほうの分岐瀑は、不安があれば藪の中を掻き分けて降りたほうが安全でしょう。

天女滝から約1時間40分で赤岩滝への分岐に到着します。
定石なら濡れないように進むところですが、赤岩滝は今回で4度目なので、沢からそのまま進めるところを行くと、約10分で赤岩滝に到着です。
_DSF0618.jpg
やはりその落差と水量、そして周囲の景観には毎度圧倒されます。

この柳沢、唯一の難点は、低公害バスの時間に制約されるところですね。シーズンオフならともかく、ここから赤沼車庫まで舗装路をひたすら歩くのは避けたいところですから。
往復の時間を考えると、早朝運行便がある時期の休日が望ましいでしょう。

黒岩滝・天女滝まで行くなら沢靴など、それなりの装備に加え、ある程度の経験は必要ですが、行く人も少ないことから大自然に向き合うことができる行程はとても楽しめます。
チェック

布引の滝

2015.06.18(Thu)

栃木県日光市にある「布引の滝」

日光のみならず、全国レベルで見てもかなりの規模の、美しくも雄大な巨瀑です。
辺りを取り囲む岩壁とのコラボも見事です。
訪問は、6月6日です。

<アクセス>
県道23号を西進し、川俣ダムの少し手前、野門地区の「家康の里」方面に入ります。
温泉宿、民家が並ぶ集落を過ぎて間もなく、駐車場があります。
一時期は、林道終点まで車で行けたので、前回訪問時はかなり短縮できましたが、これが本来のスタート地点です。
なお、以前はもう少し先の九十九折の辺り(頑丈なゲートあり)がスタート地点だったようですが、現在のスタート地点付近はゲートこそ空いているものの、監視カメラが設置され、画像が自動転送されるようなので、あえて次のゲートまでの短い区間のために危険を冒すつもりはありません。
駐車場で身支度を整え、林道歩きスタートです。

<アプローチ>
n-nunobiki.jpg

件の監視カメラ地点からスタートし、ここからひたすら高度を上げながら6キロの林道歩きです。
n-nunobiki3.jpg

途中のゲート。頑丈で、南京錠でロックされています。
n-nunobiki4.jpg
なお、この日、宇都宮ナンバーの車が2台、林道終点にいて、初めは工事か作業関係者かと思いましたが、滝に行っていたようなので、関係者の伝手で通行許可免罪符を持っている人はいるようです。
というか、それを認めるなら一般人にも通行を認めて欲しいものです。

約1時間45分ほどで林道終点に到着します。
n-nunobiki5.jpg
ここまでで約500m高度を上げています。
高度を上げながらのアスファルト舗装路歩きは、意外と足に負担がかかります。
なお、2.0kmとありますが、実際の歩きはここから3kmほどです。

さて、ここから遊歩道という名の、荒廃した道歩きが始まります。
明瞭な踏み跡を進み、約100m高度を上げたところで、分岐があり、沢方面に向かう左の道が滝へのルートです(足元に一応看板はあり)。
ここから一気に高度を下げるのですが、丸太組みの階段は土が抉られ、階段の体を成していませんので、丸太に足をおかず、抉られた地面を慎重に歩を進めます。
ときには丸太に足を置かざるを得ないようなところもありますが、濡れているとかなり滑るので、一歩間違えると滑落します。
途中に2か所ほど沢があり、前回は一つ目の沢で喉を潤しましたが、最近は特に鹿の数も増えていますし、上流で何があるか分からないので、飲まないか、濾過して飲むほうが良いでしょう。
下りきると、苔に覆われた空間が広がりますが、以前より雑草が生い茂っていた印象を受けました。
ここにはベンチもあるので、森林浴を兼ねて休憩すると良いと思います。
この辺からはピンクテープを頼りに苔生した岩の上を歩きます。
雨後などは少し滑るのと、浮石ではないものの誤って岩の隙間に足がはまってしまうと大変なので、多少の注意は必要です。
次第に沢の音が近づき、間もなく残置ロープがあるので、ここから沢に降下します。
この残置ロープ、古いナイロン系なので、頼らず補助程度にしたほうが良いと思いますし、使わなくても問題はないでしょう。
ここから左岸を進みます。岩を乗り越えながらですが、浮石が多いので、油断はできず、一歩一歩注意は必要です。むしろ、沢を登っていくほうが危険は少ないかもしれません。

n-nunobki2.jpg
少し進むと前衛滝がありますが、この少し手前の左岸に残置ロープがあるので、これを利用しながら、前衛滝を高巻き、トラバースしながら進むと、遊歩道入口から約1時間10分ほどで到着します。
なお、ここの高巻き&トラバースに関しては、前回訪問時よりはロープが増え、ルートも明瞭になっていました。

左岸、右岸、正面、裏見と、色んな角度から楽しめます。
軽登山靴でも良いですが、サンダル等を持参するか最初から沢装備で行ったほうが良いと思います。
n-nunobiki6.jpg
n-nunobiki6.jpg
n-nunobiki7.jpg
n-nunobiki8.jpg
絶壁に覆われた空間、そして3段に優雅に落下する姿は、やはりとても美しいです。
そして、優美でありながら、力強く、壮大な流身を見せてくれます。
何時間でもこの滝に抱かれていたい・・・そう思わせてくれる素晴らしい滝で、決してお気軽滝ではないけれど、頑張って行ったことに見合う以上の感動を味わえると思います。
チェック

三十三尋の滝

2014.11.04(Tue)

群馬県みなかみ町にある「三十三尋の滝」

別名・百尋の滝とも呼ばれますが、あまり知られていない秘瀑の部類に入ると思います。
落差は約30m、とりわけ大きいと言う訳ではありませんが、周囲の環境、景観ともに、なかなか良い場所です。
訪問は、11月2日です。

<アクセス>
国道17号を西進し、猿ヶ京温泉を過ぎた後、新三国大橋を渡って間もなく、県道261号に入り、更にすぐに案内に従って合瀬大橋方面に進みます。合瀬大橋を過ぎて約700m、十字路になっており、西川支流の右岸に沿った林道に入ります。
ここからしばらく道なりに終点まで進みますが、この林道は、狭隘な悪路なので、小型で車高の高い車だと安心です。
終点は数台分の駐車スペースとなっており、ここが起点になります。

<アプローチ>
sanjyusanhiro-map.png

駐車したところから沢に下り、あとは沢筋を遡行します。
途中、倒木があったり、深みもありますが、基本的に沢の水は澄んでいるので、両岸の砂礫・岩の上を歩くより、沢靴で沢の中を歩くほうが楽ですし、楽しいと思います。
アクアステルスの沢靴で何箇所か、若干滑る場所があったので、フェルトのほうが相性は良いのかもしれませんが、どちらでも問題ないでしょう。
沢はナメ床になっている部分もあり、危険箇所はありません。

なお、三十三尋の滝手前の左岸には、ちょっと奥まった場所に滝がありますが、普段はほぼ流れていないと思われます。セキヤ沢出合いの滝としているHPがあったので、自分のHPでもそれを採用しましたが、実際は無名かもしれません。

歩き始めて約15分で絶壁に囲まれた三十三尋の滝に到着します。

_DSF0867.jpg
_DSF0872.jpg
_DSF0876.jpg
_DSF0881.jpg
_DSF0885.jpg
_DSF0888.jpg
_DSF0889.jpg
_DSF0898.jpg

左岸にはかなり水量が少ないものの無名瀑があり、中間付近の岩が抉れているので、そこから裏見をしながら三十三尋の滝を見ることもできます。
岩肌に沿って少しずつ形を変えながら落下する、なかなか味わい深い美瀑です。
手軽ですし、周囲の景観と併せて楽しめるので、初心者にもお勧めです。

注意点は、林道終点までの走行と、このエリア一帯が吸血鬼の巣窟になっていることです。
チェック

庵滝

2014.01.26(Sun)

栃木県日光市(奥日光)にある「庵滝」

最初に単独で氷瀑を見に行って以来、これで計5度目の訪問となりました。
ちなみに、冬3回、夏2回です。
普段の姿とはまた違った顔を見せる滝で、個人的にお気に入りの場所です。
以前に比べ、訪れる人は増えているような気がします。
訪問は、1月25日です。

<アクセス>
国道120号沿い、戦場ケ原の少し手前、赤沼茶屋が目印です。
この裏手に赤沼車庫があり、シーズン中は低公害バスが運行しますが、冬は走りません。
駐車場は封鎖されているので、道路の広い路肩に駐車します。

<アプローチ>
庵滝ルート

踏み跡がないこともありますが、だいたいは先人がおり、踏み跡を辿れば問題ありません。
ない場合でも、小田代ケ原を抜けるまでは遊歩道の名残(雪に覆われ、杭の上部が顔を出しています。)やピンクテープが頼りになります。
冬場はスノーシューがあったほうが良いです。なくても大丈夫だと思いますが、弓張峠からは大変ではないでしょうか。

赤沼から小田代ケ原を抜け、弓張峠まで約1時間、ここまではほぼ平坦な道のりです。
弓張峠から林道を登っていくと、無人観測所があり、この先から外山沢に向かって下って行きます。
踏み跡があることが多いですが、見つけられなくても沢の名残が見て取れるので、あとは、山と山の間の谷の部分を目指して進んでいきます。
最初に訪問したときは単独で、しかも踏み跡がまったくありませんでしたが、辿り着けました。
歩いているとあまり感じませんが、緩やかに登っていく感じ(弓張峠~庵滝の標高差約200m)です。
外山沢の上流で本流であろう庵沢(左)と緑沢(右)に分かれ、緑沢は更に右の外山沢に分かれています。
弓張峠から約1時間で庵滝に到着します。
赤沼から庵滝まで片道約6km、約2時間(往復12km、4時間)の行程です。

なお、地形図にある「庵滝」は更に小滝を越えた先にあり、「外山滝」とも言われる滝です。
「日光四十八滝を歩く」によれば、一般に庵滝と呼ばれるF1を「庵滝」とするのが正しいと思われます。

弓張峠からの行程は約1時間ですが、通常の状態でもほぼ同じです。
冬は雪に覆われているので歩きやすいのですが、無雪状態だと、似たよう涸れ沢(地形図にない沢も多数)の岩のゴロゴロしたところを歩くので、結果的に冬のほうがスノーシューをつけていて速度が遅くなっても歩きやすいです。
ただ、吹雪いていると地形が掴みづらいので、無理は禁物だと思います。

庵1
庵2
庵3
庵4
庵5
庵6

20mほどですが、なかなか格好良い氷瀑で、裏見もできるので、色んな角度から楽しめます。
アップダウンも少なく、比較的安全にスノーシュートレッキングができるのでお勧めです。
チェック

相生滝(雄滝・雌滝)

2013.06.24(Mon)

栃木県日光市にある「相生滝(雄滝・雌滝)」

現在の国土地理院の地形図では雄滝のみの滝マークとなっています。
雌滝は25mで、水量は少ないがゴツゴツした岩を滑り落ち、なかなか格好良いです。
一方の雄滝は20mくらいで、本流にかかるため水量も多く、豪快さと優美さを兼ね備えた滝です。
訪問は、6月23日です。

<アクセス>
国道120号から寂光の滝の案内に従って県道194号に入ります。
住宅地を抜け、最後の分岐を左(県道)に進むと間もなく、右手に林道入口があり、ゲートで封鎖されています。
ここか、このすぐ手前のもう1つの林道入口付近に邪魔にならないように駐車します。
この林道入口が、相生滝への出発地点となります。

<アプローチ>
aioi-map.jpg

林道を進むと、だんだん荒れてきますが、途中までは現在でも車が入っているようでした。
いくつか堰堤を横目に、緩やかな登りが続き、最後の堰堤のすぐ先から入渓します。
ここから沢を遡上するのみで、数箇所の渡渉はありますが、危険箇所はなく、ほとんど濡れずに辿り着けます。
沢靴・長靴であればまったく問題ありません。
林道歩きが20分ほど、入渓してからは5分ほどで雌滝が落ちており、すぐ奥に雄滝が見え、2分くらいで最深部の雄滝に到着します。

○雌滝
aioi-m.jpg
○雄滝
aioi-o.jpg
aioi-o3.jpg
aioi-o2.jpg

入渓してからは、苔生した岩場なども広がり、緑も多いので、とても美しいです。
下流に堰堤等の人工物があるだけで、その上流部である滝周辺は、自然がそのまま残っています。
特に雄滝前は苔生した岩と木々の緑が織り成す滝とのコントラストは、心を洗われるようです。
チェック

プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑