友人の百選制覇祝い~茶釜の滝~

2017.10.14(Sat)

秋田県鹿角市(夜明島渓谷)にある「茶釜の滝」

夜明島渓谷には数多くの滝があり、下流側からアプローチすると多くの滝を楽しみながらの沢遡行ができます。最深部には、百選滝の1つ、茶釜の滝があり、東日本の百選滝中最難関だとかそうでないとか・・・。個人的には、危険箇所はそこそこあるものの、注意すれば問題なく沢が楽しめる場所で、恐れるほどの場所ではないと思います。

自分はすでに6年前に訪問済みで、百選も3年ほど前に制覇済みなのですが、今回、敬愛する滝友だちである格闘家Sさんが、前月に百選滝99本に到達し、晴れてこの茶釜の滝で百選マスターとなることから、それをみんなでお祝いしに、総勢8人で行ってきました。
訪問は9月17日です。

※上記だけを見ると誤解を生みかねないのでこちらに明記しますが、この滝友だちSさんは私なんかよりも遥かに体力もスキルもあり、単に百選に到達したのがたまたま私のほうが早かったというだけのことです。

<アクセス>
県道22号又は県道191号から夜明島林道をしばらく進みます。
場所が分かりづらいのと、カーナビだと途中までしか認識しないため、林道の起点辺りにセットしないとあらぬ方向に案内されがちなので注意が必要です。
(6年前はそれで集合時間に遅れました。)
慣れれば、酷いダートというほどではないのですが、天候等の条件次第では結構な悪路になります。
駐車スペースまでは距離が結構あり、分岐もそこそこありますが、道なり・沢沿いを心がければ間違うことはないかと思います。
大きな案内板のある広場(旧駐車スペース)の手前が路肩崩壊もあり、進入禁止で、手前のスペースに駐車してスタートします。

<アプローチ>
無題

渓谷沿いの踏み跡を進むと、渓谷に出ます。この辺からは踏み跡もありますが、沢を遡行しても問題ありません。適当に進みましょう。
ただし、全体的に感じたことは、6年前と比べ、大雨等の被害の影響か、だいぶ荒れてしまったと思います。
約20分で泊滝です。
1 とまり

このあと、左岸を登りますが、旧ルートの梯子・残置ロープは朽ち果てているので、もっと戻ると、九十九折に斜面を上がっていく踏み跡があります。
途中で泊滝を俯瞰しながら、慎重に進んでいくと、梯子があるので、ここから沢に降ります。
なお、ここは泊滝の落ち口になりますが、だいぶ安全になりました。以前はワイヤーの位置がいやらしく、増水時は危険だったのですが、少し上流側にロープが付いたようです。
ここから梯子を登り、岩壁をへつったり、トラバースしたりが続きますが、アンカー等の足場もあるので、気をつければ大丈夫だと思います。
また、小滝が連続する区間でもあります。
本来なら、細かく滝名と場所を表示したいところですが、大人の事情から、簡単に端折ります。
2 もっこ3 はね
4 めおと6 とらのお

※大人の事情・・・旧案内板と現案内板とで、滝名、場所が一致しないものがいくつもあり、前回の訪問後に、鹿角市役所にその点を問い合わせしたところ、現案内板の表記が正しい旨の回答がありました。前半の小滝群については目をつぶるとしても、メインにもなりうる滝の表記に違いがあり、雲上の滝が白雲の滝に成り代わり、また、茶釜の滝の上に銀線の滝と雲上の滝が連続し、狭義の茶釜の滝を含めた3本を総称して茶釜の滝と呼ぶとのことでしたが、地形図上、それらしきものは存在しないと思われるところ、公式回答がこれであるため、現状では永遠の謎となってしまいました。

しばらく滝のない区間が続いた後、第二の小滝連続区間があります。
7 くぐり8 白布

そこからほどなくして、沢が分岐します。
本流をそのまま進むと白雲の滝(旧・雲上の滝)、右の枝沢を進むと茶釜の滝です。

まずは茶釜の滝を目指しました。
枝沢を進むとすぐに大きな前衛滝が鎮座しています。
9 ごとく

この右岸にかかる朽ちた梯子が連続する区間を越え、尾根を登っていくとすぐに痩せ尾根となっており、ここが滝見テラスとなります。
人間の記憶って意外といい加減なもので、色々行っているうちに記憶も上書きされているようです。
難所もない楽しい沢歩きって記憶だけが残っていましたが、いざ行ってみたら意外と危険箇所も多いし、そこそこ大変だったなぁと。
10 ちゃがま

まずは初訪問のメンバーを先に行かせてから、4番手で到着し、格闘家Sさんと握手を交わします。
そしてひとしきり撮影が済んだのを確認してから、サプライズの演出です。

実はこの遠征の2か月弱前に、旗を購入しておきました。
そして自分からのお祝いのメッセージを書いた後、この遠征に同行するリトル滝ガールHちゃんの山&沢道具選びに付き合った際に同様にメッセージを書いてもらい、次にやはり遠征に同行する滝ガールPさんに郵送して書いてもらい、更に遠征メンバー合流前にRさんに書いてもらいました。
前述の道具選びに付き合った際にいくつかプレゼントも用意し、あとは頃合いを見計らって渡すのみです。

もちろん、格闘家Sさんが敬愛する滝仲間であり、何度も色んな場所にともにアタックしていることもありますが、自分が百選を制覇したとき、個人的事情が色々続いたこともあり、まったく喜びがなく、ただ通過儀礼にしかならなかったことがあったので、自分が喜べなかった分も、お祝いすることによって喜びを分かち合いたかったからです。

_DSF0072.jpg

集合写真を撮った後は、握手会ならぬ記念撮影会が続きます。
みんなの人気者ですから、それも当然ですね。

さて、台風が近づいていることもあって、空模様・風模様も怪しいので、次に向かいます。
前衛滝の前で昼食をとってから、白雲の滝に向かいました。
_DSF0139_01.jpg

落差では茶釜の滝に敵いませんが、近づけるし、被写体としてみるとやはり個人的にはこちらが好みです。
ここも、めいめいに満喫した後、帰路につきます。

途中、白布の滝で、秋田のIさんが、このすぐ上にも滝がありますよ、と教えてくれたので、左岸を少し巻いて、あとはナメを直登していくと、程なくしてナメ滝が見えます。
ここからはハイペースで岩を乗り越えて進んでいきましたが、落差10mほどのキレイな滝で、滝壺も緑に輝いていました。_DSF0150.jpg

ここからはハイペースで下山し、後発組の2人と別れ、6人でコテージに向かいました。
そして昨年に引き続き、フォトガイド名瀑紀行・秋田の滝シリーズの佐藤さんたち秋田の方々から親睦会を開いていただき、楽しい宴となりました。

改めまして、このプランに乗ってくれた皆さんにお礼を申し上げたいと思います。

そしてなにより、晴れて百選マスターとなった格闘家Sさん、おめでとうございます。
百選なんて通過点でしかないですが、縛りがなくなった今、これまで以上に自由な滝のめぐり方ができると思います。
これからもまた色んな滝にアタックしましょう!
_DSF0079_01.jpg


スポンサーサイト
チェック

明神滝&水尻滝

2017.10.07(Sat)

秋田県北秋田市にある「明神滝」&「水尻滝」

阿仁地区には、安の滝、幸兵衛滝等の名瀑が多数存在しますが、その中から、今では登山道も崩壊し、行く人もほとんどいなくなった2本を紹介します。
幸兵衛滝のある立又峡谷の手前にある水尻沢とその枝沢にある明神滝と水尻滝は、同じ稜線上で離れて落ちています。同時に見ることはできませんが、どちらもなかなかの規模です。
恒例となったフォトガイド名瀑紀行・秋田の滝シリーズの佐藤さんたちと御一緒させていただくプランで行ってきました。
訪問は、9月16日です。

<アクセス>
道の駅あにから、阿仁打当方面に向かいます。
しばらく道なりに進んで、安の滝方面の安滝林道に入らず、さらに道なりに進んで、立又峡谷方面に向かい、水尻沢の標柱を過ぎて少しすると、右手に広めのスペースがあるので、ここに駐車してスタートします。

<アプローチ>
無題

少し戻って、水尻沢の標柱を過ぎると、右側に看板の名残が朽ち落ちています。
P9160027.jpg
P9160003.jpg
ここから藪が生い茂っていますが、良く見ると登山道の名残らしき雰囲気がありますので、ここから登っていきます。

地形図上だと登山道が続くように見えますが、最初の渡渉のあたりからは、それはないと思ったほうが良いです。
20170916085118-444740.jpg
したがって、沢から離れないように、ときには沢を進んでいきます。
ここを少し過ぎた辺りから巨岩帯になるので、西側から巻くように進んで行ったほうが楽なようです。
P9160012.jpg

標高660~670m付近から沢に降ります。ちょうど水尻沢と明神滝のある枝沢の合流地点の少し先にでます。
まずはここから明神滝に向かいました。
ここも沢をそのまま進むよりは、沢の左手をあまり離れないように進んで行くと、明神滝が見えてくるので、ギリギリのところで沢に出ます。
ここからは右岸からでも、沢からでも近づけます。
見る角度で姿は変わりますし、規模も大きく、見事です。念願だった滝の1つだったので、感動もひとしおでした。
なお、撮影上の関係で上段には行きませんでしたが、右岸を大きく巻けば、上段直下にも降りられると思います。
_DSF0004_20171007205143f28.jpg
_DSF0011.jpg
_DSF0021.jpg

今度は来たルートを戻りながら、水尻沢に出ます。今度は、基本的に岩がゴロゴロした崩落地帯をそのまま登り、途中で右岸から少し巻くように進みます。
P9167340.jpg

標高710m付近で沢に戻ると、正面奥に水尻滝が開けて見えます。
_DSF0047.jpg

ここは、崩壊がどんどん進んでおり、近づくのは危険なので、720~730m付近までにとどめたほうが賢明です。上部でちょっとした弾みで力が加わると一気に下流に崩れてくるので、巻き込まれたら命はないと思いましょう。
ここから沢を下り、途中で明神滝のある沢との合流部手前から往路とほぼ同じルートを辿って戻りました。

靴は長靴でも登山靴でも沢靴でも問題ないと思いますが、個人的に沢靴に慣れていることもあり、下手に迷うなら精神衛生上は楽なので、沢靴で行きました。
特に危険箇所はないですが、登山道はすでに跡形もなくなっているものと思って自己責任で行きましょう。
ですが、素晴らしい滝なのは間違いないです。森吉山塊の大瀑に外れはないことがまた1つ、実感できました。

※参考コースタイム
駐車スペース⇒明神滝(約1時間半)⇒水尻滝(約30分)⇒駐車スペース(約1時間半)

チェック

朱滝~敗退の記録~

2017.09.28(Thu)

福島県北塩原村と猪苗代町の境にある中津川渓谷核心部にかかる「朱滝」

通常であれば沢登りで1泊2日又は2泊3日で行ける場所ですが、毎年9月初めの吾妻山神社例大祭の時期だけ草刈りによって廃道と化している登山道が姿を現わすことから、その時期を狙ってピンポイントで日帰りでアタックしてきました。
これは元々、百四丈滝等でも御一緒している三浦さんが前から暖めてきたプランで、これに便乗させてもらい、計6人でのアタックです。
なお、時間切れにより落ち口までとなり、私を含め2人は翌日の所用から撤退し、ほかの4人はそのまま滝壺に降下する場所を見つけて無事到達&極寒の滝前ビバークで翌日戻ってきたことを申し添えます。
よって、私の記録は、時間切れによる敗退の記録となりますが、中津川渓谷側から吾妻山神社、ヤケノママ、中吾妻山等を狙おうという方には参考になる部分もあるかと思います。
訪問は、9月9日です。

<アクセス>
磐梯吾妻レークライン沿い、秋元湖半を少し過ぎてまもなく出てくる中津川渓谷レストハウス大駐車場が基点となります。
なお、地図上で見ると吾妻山神社登山口から左右に道がありますが、左側(西側)は崩落等によりずいぶん昔から廃道になっています。一方、右側(東側)の秋元湖半金堀集落から伸びるほうは延々と続くようで、作業用にも使っているせいか道はしっかりしているそうですが、ゲートがあり、特定の人しか入れません。
したがって、そもそも吾妻山神社登山口までどうやって行くかが、最初の問題です。地図では登山道の線がいくつも見えるので簡単に行けるように感じますが、上述のとおり登山道は廃道と化しており、しかも草刈りがされるのも吾妻山神社登山口からですから、藪に覆われ、すでに道はありません。

<アプローチ>
akataki.gif

中津川渓谷レストハウスから、地形図を参考に遊歩道から沢に降りましたが、登山道らしきものは皆無です。001.jpg 001-2.jpg
(過去に吾妻山神社に訪れた方の記録を見ると、そのまま沢を進んで、橋のところから上がれば林道に出るようですが、後から分かったものであり、現地確認はまだしていません。)

そこでいったんレストハウスまで戻り、地形図を見直します。
すると別の線がレストハウス右側にあるので、草薮を見ると、微かに作業用と思われる踏み跡が見られ、旧登山道に続いているように見られたので、降りていきました。
まもなく、間伐作業のための重機の跡があったのでこれを利用しますが、これが誤りの原因ともなりました。
登山道跡はなく、重機の通った跡を利用しながら、吾妻山神社登山口に向かって行きますが、途中から明らかに方向が異なることから、激藪を漕いで強引に進んでいきました。
視界に林道のガードレールが見えてきて、沢も近づいたので、橋の先で合流するような形で進んで行き、林道に合流するとすぐに、ようやく起点となるべき吾妻山神社登山口に着きました。

002.jpg
ここからは例大祭のために草刈りがされているので、吾妻山神社までは迷うことはありませんが、唐松川を渡渉して御神木を横目に上がっていくところは少し分かりづらいかもしれません。
003.jpg

また、渡渉した標高900m付近から1300m辺りまでは一部区間を除きかなり急勾配です。
しばらくなだらかな道を進んだ後、標高1550m付近から吾妻山神社のある1430m付近まで一気に下りますが、下り始めのところに姥神様が祀ってあります。
004.jpg

吾妻山神社登山口から約3時間で吾妻山神社に到着します(休憩除く。)。
006.jpg
なお、神社といっても岩に注連縄が施され、小さな祠があるのみです。

ここからは完全に未知の世界、昔はヤケノママから西吾妻山方面に登山道が続いていたようですが、完全に廃道と化しているので、地形読みが頼りです。
吾妻山神社からいったんマーキングに従って下ると、権現沢に出るので、ここから巨岩を登っていきます。
この区間は標高差50mほどですが、場所を選べば、あまり苦にせず登れると思います。

標高1470m付近で左手に岩がせり上がったところが切れるので、ここから左に、なだらかな部分を進んでいきますが、草が生い茂っており、足元の視界も悪いので、慎重に進みます。
できればそのまま高度を維持して行きたいですが、この先が崖となっており進めませんので、約150mほど移動した地点、柔らかい土がむき出しの急斜面を半ば強引に20mほど登って、木の根を頼りに乗り越えたら更に20mほど高度を上げたら、標高1530m辺りで平場に出ます。

ここで時間はちょうど12時、この時点ですでにヘッドライトによる下山は確定していますが、直下まで辿り着けるかはかなり微妙なこともあって、ここで撤退するか進むか、みんなの意見を出し合い、結果的に2時頃まで粘ってみようということになりました。
本音では安全を考慮して撤退すべきとも思いましたが、せめて落ち口だけでも確認できればという気持ちが自分でも上回りました。
この辺からは1510~1520m付近を高度に気をつけながら進んでいきました。
基本的に針葉樹林帯ですが、前述のように廃道と化していることから、どこが登山道だったかは分かりません。
ところどころ、登山道の名残かと思われるところもあるので、それを頼りにしながら、激藪の中をできるだけ、高度を維持しながら歩きやすいところを進むしかありません。

地形図上では出ていませんが、水線を越えた辺りからは少しだけ藪が薄くなり、多少歩きやすくなります。
そうやって進んで行き、地形図上の朱滝の場所から真っ直ぐ右に標高1500m付近に赤い表示が木にくくりつけられています。どうやら旧登山道の名残に出たようです。
007.jpg

ここから水流跡を下って行くと、朱滝の落ち口に出てきました(おおむね1時30分)。
008.jpg

ですが、ここからは一気に切り立った断崖絶壁で降りることはできません。
少し下流側に戻りましたが時間も押し迫り、一度全員の判断を確認するため、上に上がります。
この間、先行していたBALさんが下降地点と思しき場所を確認していました。

時間はちょうど2時、滝下までアタックしてビバークしてから翌日帰るか日帰り下山するかの判断となります。
このまま下山するのは体力的にキツイこと、そしてここまで来たからには滝下に立ちたいとの思いから、ビバークを決断したのが、BALさん、MATSUさん、三浦さん、竹内さん。
そして翌週に秋田遠征を控えていることからできれば日帰りしたかったこと、吾妻山神社からの登り返しを終えて下りに入るまでに日没とならなければ何とか行けるだろうという判断で撤退したのがサモハンさんと私。
撤退決断組は、ツェルト、エマージェンシーシート、食料はありましたが、やはり日帰りということを家に伝えてきたことが大きなネックでした。
互いの健闘を誓い合い、再会を期して分かれたのが2時10分頃でした。

BALさんが途中付けてつけたマーキングも頼りにしながら、途中の支流で水を補給し、吾妻山神社まで戻ったのが4時少し前、ここから登り返してひたすら登山道を歩きます。
軽い休憩を挟みながら、吾妻山登山道入口に着いたのが7時過ぎでした。

ですが、帰路の問題はここからでした。
西側の林道をずっと進んで、地形図上859m付近から旧登山道を探して朝歩いた場所に合流するか、林道からレークラインに出られるのではないかという想定でしたが、前者は激藪で真っ暗闇の中進むのは命取り(確実に一度徒渉があるはずだが、水量は不明)なのでそのまま林道を進むと、朽ちた橋の先に通行止めの表示があります。この辺は藪に覆われ周囲の状況が見えませんが、とりあえず安全策で橋を渡り、林道をそのまま進みました。

朝に間違って渓谷まで降りた付近まで出ましたが、案の定真っ暗闇では、渓谷を渡渉するのはやはり命取りで更に進むと、レークラインの大橋は遥か上方にあり、登ることはできません。
またひたすら進んで、秋元湖に注ぐ手前付近、林道と登山道を示す線が交わる付近まで行ってみます。
どうやらここが昔の駐車場と散策路起点になっていたようですが、そこからレークラインに繋がる道は見当たりません。

このまま秋元湖方面に進む道からではとんでもない距離を歩くことになります。
どうするか相談した挙句、サモハンさんがGPSと地形図上と照らしてちょっと登山道の名残と思われる付近を探すと、微かに踏み跡があり、GPSと地形読みでなんとか行ってみようとなりました。
幾度か踏み跡も途絶えていますが、双方の持つGPS、そしてコンパス、地形読みで進路補正をしながら慎重に登っていくと、なんとか9時40分頃、レークラインに出ることができました。
ここからレークラインを戻って、10時ちょうど、やっと駐車場に辿り着きました。

結果として敗退の記録であり、こんな時間まで歩くのは危険ではありますが、ルート等から、どれくらいまでにここまで行けば大丈夫という確証を元に2人で相談しながら歩いた結果です。
また、その中でも、このルートは行ってはいけない部分は当然踏まえた上で、時間がかかっても可能な限り安全なルートを辿った結果でもあります。
自分たちは朱滝直下に降り立つことはできませんでしたが、それでも一つ壁を突破できた充実した行程でした。

なお、ビバークした三浦さんたち4人は、翌日日没間際に駐車場に辿り着いたとのことでした。
最後に、三浦さんから頂いた直下からの写真を載せます。
009.jpg

どうやら、下降地点と思われた場所も、その先が崖となっており、もっと下流側、地形図上で枝沢が落ちている付近の対岸からの下降となったようですが、ザイルがあったほうが安心のようです。

繰り返しますが、私の記録は敗退の記録です。
詳細は、BALさんのHPを御覧になられたほうが遥かに参考になると思われます。


チェック

王滝川百間滝

2017.07.25(Tue)

長野県王滝村にある「百間滝」

御嶽山にはいくつかの百間滝がありますが、そのうち、もっとも美しく、壮大な、全国屈指のものといえば、王滝川源流部にある百間滝でしょう。
王滝川を遡上した場合、丸2日がかりでようやく辿り着けるようですが、岐阜県側、濁河温泉からアプローチすれば日帰りも何とか可能です。
今回、滝仲間が「滝オフ会」リーダーに案内してもらえるとのことで、御一緒させてもらいました。
訪問は、7月15・16日です。

<アクセス>
県道435号の終点付近、市営の登山者用駐車場に駐車し、ここで登山届を提出します。
岐阜県は登山届提出が義務付けられているので、ここは重要です。
ここから車を集約し、県道脇、濁河温泉高原スポーツレクリエーションセンター近くの砂利の駐車場に駐車し、ここからスタートします。

<アプローチ>
無題

舗装路を進み、橋を渡り、更に進みます(材木滝方面)。
P7155190.jpg
地形図上には出ていませんが、意外ときれいな舗装路です。
約20分ほど歩いて、カーブミラー手前、ガードレールの始点脇から入っていきます。
P7150002.jpg

なお、基本的に小坂滝めぐりツアーのパノラマ滝・シン谷百間滝コースを利用する形になりますが、倒木も多く、不明瞭なので、GPSログ、コンパス等は必須です。

最初の沢は長沢(ツアーでは別の沢を長沢と言っている模様)で、これを渡り、更に踏み跡を辿ります。
P7160103.jpg
次の沢が兵衛谷となっており、ここから遡行開始します。
P7150003.jpg

沢筋、沢沿いと進みやすいところを進みます。
最初の分岐は左へ。少し進むとなかなか見事な無名瀑が出てきますが、右岸の草付きから巻けます。
P7150006.jpg
まもまく白い沢に出るので、ここから右に向かうように、緩やかな傾斜の樹林帯を進ます。
P7150007.jpg

パノラマ滝に行くにはこの途中で沢に下降して行くようですが今回はショートカットします。
一度、尾根に上がって、崖上を進み、木々の間から三段滝が見えたら、間もなく降りられそうなところから沢(シン谷)に下降して行きます。
P7150010.jpg

三段滝の途中に降り立ったら、いったん小さな段瀑の左岸を下り、樹林帯に入ります。
P7150012.jpg
DSCN8507.jpg
今回、各自おおむね17~20キロくらいのザックを背負っていますが、ここにまた戻ってくるので、荷物をデポして、アタックザックでリスタートです。

樹林帯を緩やかに下りながら、隣の尺ナンズ谷に向かい、沢に降り立ちます。
ちょうど、パノラマ滝のすぐ上辺りに出るはずです。
P7150014.jpg
ここから尺ナンズ谷を遡行しますが、まず最初の二段滝は右岸の草付きから高巻きます。
P7150016.jpg
更にもう少し進むと三段滝が現れますが、まず最初は右岸側から滝を正面突破します。
P7150017.jpg
DSCN8530.jpg
残りは右岸から高巻きます。
P7155238.jpg
ここを抜けてしばらく進むと、大崩落地点に出ます。
P7150022.jpg
以前は3本目あたりの筋から登ったようですが、崩落が進み取り付くことはできそうにありません。
やや戻って、大崩落部分の基点付近から取り付いて約40m登ると尾根筋に出ますので、尾根を越えるように向かうと、平坦な樹林帯に出て、県境をまたいで長野県に入ります。

緩やかに下っていくと、間もなく沢筋に出るので、これを降りて行きます。
途中から落差が大きくなってくるので、この滝からあまり離れないように、歩きやすいところを下降していきます。
約100m高度を下げると木々の間から念願の百間滝が見えてきます。
P7150026.jpg
P7150030.jpg
ここからも慎重に高度を下げ、王滝川に降下すると、そこはもう百間滝目の前です。

スタートしてから約6時間、ようやく念願の王滝川百間滝に辿り着きました。

滝前には素晴らしい空間が広がり、下ってきた無名滝、そして百間滝左から落ちる無名滝が、百間滝に花を添えるように絶景を作り出しています。
末広がりの分岐瀑は息を飲むほどの美しさです。
細身の流身で落ちた後、最後は末広がりに落ちる姿は優美で、言葉になりません。
見る角度を変えれば姿も変わり、飽きることはないでしょう。
_DSF0842.jpg
_DSF0802.jpg
_DSF0804.jpg
P7150043.jpg
_DSF0829.jpg
_DSF0827.jpg

名残惜しいですが、長居はできませんので、来たルートを慎重に戻ります。
県境を越えて再び岐阜県に戻ったら、大崩落地点の取り付きから下降し、沢を下ります。
パノラマ滝落ち口手前まで戻ったら尺ナンズ谷とはお別れし、樹林帯を進みます。
ザックのデポ地点で荷物を取りまとめたら、シン谷に戻って三段滝を登ります。

約300m進んでいくと、勾配の強い10mちょっとのナメ滝に出ますが、岩はホールドしやすく、グリップも効くので、恐れずに正面突破で直登します。
DSCN8609.jpg
更に少し進むと、左岸に苔生したところに湧水が落ちているので、夜・翌日の水(念のため、濾過、煮沸等はしたほうが良い)として利用させてもらいます。
そうして、中洲部分まで来ると、シン谷百間滝はもうすぐです。
(王滝川百間滝から約2時間半)

一度、ザックを降ろし、テン場を確保してから、急いで滝前に直行し、撮影します。
王滝川百間滝とは真逆の光景です。
滝本体は落差50mほどで王滝川百間に比べれば小さいですが、なかなか見事な分岐瀑です。
しかし、右岸に目をやると地質が異なった岩場で、かなり抉られています。
その姿はまるで悪魔の顔のようであり、全景を見ると、現世と隔世の狭間を思わせるような何ともいえない不思議な感覚に襲われます。
_DSF0853.jpg
_DSF0856.jpg

時間は夕方6時近く。
急いで各自寝床をセットし、やや下流部で夕食・焚き火で滝談義です。
夜9時前には寝床につきましたが、やはり百四丈滝のときと同様、沢音でまともに寝ることはできませんでした。
翌日、本来なら、ここから百間滝を高巻き、神津滝・日本最高所の滝とシン谷を登り詰めたら賽の河原から飛騨小坂口登山道経由で下山予定でした。
前日からの体調不良のメンバーの状態は回復せず、また、ザックのベルトもバックルが破損し、厳しい状態だったこともあり、下山するとのこと。
ここで悩みました。
まず王滝川百間滝で十分自分の目標は達成していたこと、自分より遥かに熟練でこの辺の地形にも精通しているとはいえ、体調不良・ザックの危ない状態で単独で下山させるのは何かあったときのことも考えて個人的に嫌だったこと、そして2日目の長い行程を考えて不安もあったこと・・・これらを踏まえて、残りの4人で先に行ってもらい、自分は下山組にまわりました。
前述のパノラマ滝・シン谷百間滝のツアーコースをトレースするように約3時間半ほどで、無事下山することができました。

残りのメンバーは無事、神津滝・日本最高所の滝を詰め、夜8時頃に無事下山したことを申し添えます。
下山の判断が正しかったかどうかは分かりません。せっかくの機会だし、行くべきだったかもしれませんが、それでも自分の判断で下山組にまわったことは後悔していません。
最後まで行ってきたメンバーには本当に心から賞賛と感謝の気持ちでいっぱいです。

今回は、滝オフ会リーダーの素晴らしいリーダーシップによるところが大きいと思います。
何度か来ているとはいえ、ルートファイディングだけでなく、パーティー全体への気配り等のリーダーシップを含めて学ぶところも多く、貴重な経験でした。
次回は自らの力で再訪したい、そう思える滝行でした。


※全体的な留意点
本文中に樹林帯という言葉が何度か出てきますが、総じてクセモノだと思ってください。岩の上に樹木が倒れ、長い年月を経て一面苔の世界となっています。そしてこの倒木は腐食が激しく、ちょっと力を掛けただけで崩れ去り、岩の間に足が嵌ることも何度かありました。こういう状態のところが非常に多いです。また、7月でも、滝ツアーが始まっていなかったせいか、荒れたままでしたし、何よりツアーでも行きやすいところをその都度進む感じらしく、不明瞭な部分も多々あります。マーキングも新旧入り乱れていますので、ルートファインディングが重要です。

※装備
まず、王滝川百間滝だけなら日帰りも可能ですが、ビバークの用意は必須です。また、シン谷百間滝で沢泊してツアーコースで下山するほうが、行程としては安心でしょう。
足回りは、高巻き等も含めると、ラバーソールの沢靴のほうが全体としては有利かと思います。
水は、沢泊前提でなら2日目の分は湧水で賄えるので、初日の分として約2リットル、食料は軽量化も考えて5食分(昼夜、朝昼+予備)程度のほかに、携行食、非常食あたり。
当然ながらここに限らず必携のヘッドライト、エマージェンシーグッズ関係、雨具等は言わずもがな。
そして重要なのは、今回は使わずに済みましたが、ハーネス、スリング、カラビナ、下降器及び登高器の山岳道具は必要です(ザイルは共通装備)。

ヤマレコにアップした記録
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1203993.html


チェック

一里滝(阿武隈源流一里滝沢)

2017.06.27(Tue)

福島県西郷村にある「一里滝」

阿武隈源流の沢の1つで、一里滝沢にあります。
そもそもの発端は、阿武隈源流本谷に行った後、所持していた沢登りの本&地形図の確認の中で、滝マークは出ていないけれど、沢名として滝の名を冠していること、そして一里というからには大きい滝があるはず(距離の可能性も否定できないけど)という興味からでした。
調べてみると、情報は少ないものの、落差70mとか100mとかあり、行程の詳細は分からないものの、おおよそのルートまでは把握できたことから、出たとこ勝負ではありましたが、少ない情報とGPS、地形図を頼りに、2人で行ってきました。
訪問は、6月24日です。

<アクセス>
国道289号を西に進み、安心院トンネルを抜けてすぐ、甲子温泉大黒屋方面に左折し、下ります。
急カーブを過ぎると間もなく数台分の駐車スペースがあります。この少し下った先に林道があり、ここにも数台分の駐車スペースがあります。ここに駐車して準備を整え、出発します。

<アプローチ>
無題
甲子大橋の橋脚下をやりすごしつつ進み、地形図の966m付近が分岐となります。
P6240010.jpg P6240013.jpg

ただ、この付近に、実は2つの右に分岐する踏み跡があります。おそらく最初の踏み跡が従来の沢に下りるルートだと思われますが、崩落により途絶えています。その先に微かに踏み跡らしきものが見受けられますが、あえて無理をする必要はありません。もし、眼下に堰堤が見えたときは、この踏み跡を来たと思って戻りましょう。
そのすぐ先に、2つめの分岐の踏み跡があります。

ここを進むと、だんだん痩せ尾根状になってきますが、先端付近(黒いパイプあり)から下っていって、途中から草つきの急斜面を下りていけば、本谷の川床に出ます。
なお、ここは往路は痩せ尾根になった段階で左に行ってトラバースしながら下りていきましたが、どちらでも問題ないでしょう。
ただ注意が必要なのは、痩せ尾根のほうは黒パイプのすぐ先辺りは木の根の下が大きな空洞になっていることを帰路で確認しましたので、下りるときは見えない足元に注意してください。

川床に出て対岸に目をやると、ゴロた岩の奥に滝が見えています。
P6240017.jpg
ここが一里滝沢で、本格的な沢遡行のスタートとなります。

_DSF0003.jpg
この出合いにかかるヤナノ滝は落差10mほどで、下から見るとくの字の階段状になっており、簡単に登れそうです。実際、沢登りの少ない記録を見ると、この右壁を登っているようです。
ですが、下部は簡単に登れるとして問題は上部です。まずホールドしたい岩はボロボロ崩れ、足場は下に向かって寝ている上、ヌメヌメしていて、ラバーソールでもフェルトソールでも難儀します。
我々は一段上の岩を使って突破しましたが、ちょっと厄介だと思います。
簡単に登れるとの記載も見ましたが、もしかすると時期によるかもしれません。ただ、いずれにせよ条件が悪ければ登りづらいことは事実なので、注意が必要です。
P6240018.jpg DSCN8374.jpg
DSCN8376.jpg
もし直登が厳しいときは、手前の、ゴロた岩がある付近の右後方の急斜面から高巻いて尾根に出れば、ヤナノ滝落ち口より数十メートル先に降り立つことができます(帰路に見つけたエスケープルート)。

このあとは、ナメ、小滝、釜のへつり、巨岩帯、樹林帯とバリエーション豊かです。ただ、ヤナノ滝さえ突破してしまえば、登るのに苦労する滝は一里滝までの間にはありません。
P6240021.jpg P6240024.jpg

ヤナノ滝を突破してから約1時間、地形図の1085m付近で左岸高所に一里滝が見えてきます。
ここからは急勾配のガレを攀じ登っていくと、約5分で直下に到着します。
※スタートから約1時間40分

_DSF0018.jpg
_DSF0013.jpg
_DSF0026_20170627001354e21.jpg

地形図で確認すると上下各50m、計100mほどの落差です。上段はストンと一気に落下し、下段は岩肌を滑るように分岐しながら落ち、とても美しい姿をしています。
もし急傾斜のガレ部分の流れも含めるなら総落差150mくらいでしょうか。
今回、水量がかなり少なく、残念な結果ではありましたが、それでも、水量があればかなり素晴らしい滝であることは間違いないでしょう。

できれば、本流に戻って、この先の黒滝まで行きたかったのですが、スタートが遅れたこと、そして甲子温泉大黒屋旅館の温泉に入りたかったので、ここで撤収開始です。
時間的には順調に戻れば問題はないところでしたが、ヤナノ滝を直接降下せずにうまくエスケープルートを見つけられるかどうか次第というところもありましたから。

約1時間で問題の場所に出ました。
P6240040.jpg
実は少し手前で尾根に取り付けるところを探そうと話していましたが、気がつけば落ち口に・・・という状況だったため、いったん戻ってヤナノ滝の先、沢がカーブし終えた付近から左岸の斜面に取り付き、小尾根に攀じ登りました。
小さくトラバースして行くと、すぐに微かな踏み跡が見つかりました。
おそらくエスケープルートだろうということで、これを辿っていくと、間もなく眼下に沢が見えます。

地形図上、これが南沢であることはすぐ分かったので、そちらに向かっていくと、滝が1つ見えました。
ここまで来れば下りられそうですし、せっかくなので南沢F1滝にも立ち寄りました。

_DSF0031_201706270013565cb.jpg
落差は8mほどですが、なかなか良い滝です。
ここは滝正面をやり過ごすと右側にクラックがあるので、ここから登れそうです。

今回は時間もないので、ここで引き返し、南沢をそのまま下りずに少し登ると、ちょうどヤナノ滝手前の左岸壁の上に出ました。ここからは急斜面ですが柔らかい土なので、慎重に下りれば問題はないでしょう。
DSCN8408.jpg
無事降り立ったので、あとは本谷を横切り、急斜面を登り返し、踏み跡をトレースして本谷への林道に合流しました。

装備:ヘルメット、沢靴等。ほかに使わなかったが、ハーネス、スリング、カラビナ、補助ロープ、下降器などは持参した。また、急斜面の上り下りでは、ゴルジュハンマーが役に立ちました。
※濡れた岩はフェルトが吉、ただ乾いた岩ではフェルトは滑るので、総じてラバーのほうが良いかもしれません。
チェック

三沢大滝

2017.06.17(Sat)

栃木県日光市(旧栗山村)にある「三沢大滝」

地形図にも滝マークすらない、ある意味、幻の秘瀑です。
それでも、滝好きならほとんどの人がその存在を知っているであろう有名な滝でもあります。
名前はなく、あくまで仮称に過ぎませんが、その名だけが一人歩きし、既にこれが名前として定着しているのではないでしょうか。
約60mと約50mの二条の滝が同じ滝壺で合流します。
これまでなかなか行く機会に恵まれず、今回、滝仲間が行くということで、総勢5人でアタックしてきました。
訪問は、6月4日です。

<アクセス>
龍王峡の駐車場で合流し、一台に集約、国道121号を北上してから県道23号を西進、三沢の左岸の林道終点に駐車し、ここからスタートします。

<アプローチ>
無題
林道終点から右に行くと山道ルート、左の急斜面を降りると沢ルートとなりますが、前者は崩落で危険があり、迷いやすいとの情報から、後者を選択しました。
P6040001.jpg
急斜面を注意して下って行くと、三沢に降り立ちますので、ここからは基本的に左岸の樹林帯の中の踏み跡を進みます。
P6040002.jpg
分かりづらいときは沢をそのまま進んでも問題ありません。何度か渡渉がありますが、どこが正解というものではなく、浅瀬だったり、歩きやすそうな場所だったりをそれぞれが選んで進む感じです。

1つ目の堰堤が見えたら、左岸から巻きます。
P6040004.jpg
次の堰堤も同様に、左岸から巻きます。すぐに工事の看板が見えるので、この先はしばらく樹林帯を進んだほうが楽です。
P6040005.jpg P6040006.jpg
3つめの堰堤は、それまでどこを歩いているかにもよりますが、低いので直に登るか、左岸から巻くかのいずれかになると思います。すぐ上で工事用の林道が合流します。ちなみに右岸側からは、免罪符を持っている人のみ、ショートカットでは入れるようですが、工事関係でないのに入れるというのは納得が行きません。入るのを認めるくらいなら、誰にも等しくあるべきかと思います。これは布引の滝でも感じました。
P6040007.jpg P6040008.jpg
少し進むと4つめの堰堤があります。右側におそらく積み石と朽木があると思いますが、石は脆く、朽木も安定していませんから、素直に右岸、堰堤脇から巻いたほうが簡単です。
P6040009.jpg
更に少し進んで右岸上部に柱状節理の断崖が見えたら、最後の堰堤があります。ここは堰堤脇からも行けそうですが、ホールド位置があまり良くないので、少し手前の残置ロープがあるところまで戻って、ここから巻いたほうが簡単です。
P6040010.jpg P6040011.jpg
ここまでで約1時間20分ですが、まだまだ先は長いです。

大崩落地帯を何度かやり過ごしたり、ゴーロ帯、樹林帯そして沢を直接進んだりしながら進みます。
P6040016.jpg
ここまでの行程でもそうですが、特にゴーロ帯は注意が必要です。安定していると思い、体重を掛けると簡単に動く浮石がたくさんあります。一気に体重を掛けるとそのまま岩と一緒に自分も転倒しますし、運が悪ければ岩の下敷きで大怪我をします。
慎重に、見極めながら進みましょう。
左岸の樹林帯には炭焼き小屋跡がいくつかあるので、獣道と化しているとはいえ踏み跡はうっすらとですが見つかります。ときには小尾根を登って、踏み跡を探しながらのほうが楽かもしれません。

地形図上だと三沢は分岐のない一本の沢に見えますが、終盤に入ると実際はいくつもの枝沢があります。ほとんどは明らかな枝沢なので問題ないですが、最後、Y字状の二俣の分岐が見えたら右に進みます。ちょうど地形図上に見える沢が右に逸れて行く付近です。一見すると左が本流にも見えるので、地形図・コンパス・GPS等はあったほうが良いです。

ここまで来ればもう少しです。山葵の自生地を過ぎると、まもなく遠くに三沢大滝が見え隠れしますので、あとは一気に進むだけ。
約4時間半(休憩を除けば約4時間)で、ようやく到着しました。
_DSF0124.jpg
_DSF0004_201706172246594d3.jpg
_DSF0030_01.jpg
_DSF0017-2.jpg
_DSF0038.jpg
_DSF0057_01.jpg
_DSF0063.jpg
_DSF0067.jpg
_DSF0076.jpg
_DSF0081.jpg

これだけの規模の滝が1本だけでもすごいのに、2本かかっていて1つの滝壺に合流し、三沢を形成する・・・周囲の囲まれた地形と併せ、感慨深くもあり、自然のすごさも感じます。

訪問時は、水量はそれほど多くはなかったのですが、風が強く、さながら暴れ竜でした。しかしながら、青空とセットで見ることができ、撮影条件は悪かったですが、印象深い情景でした。

いつまでも感動に浸っている訳には行きません。帰りも約4時間かかることを考えれば、やはり遅くとも午後1時くらいには帰路につくべきでしょう。
12時半くらいに出発し、帰路は慎重に、できるだけ沢筋の尾根等、不明瞭な踏み跡を使い、休憩も挟みながら歩きました。
約4時間(休憩を除けば約3時間半)で全員無事、出発地点に戻ることができました。
このあと、鬼怒川の温泉で疲れを癒し、夕食をとってから解散となりました。

※注意点
既述のとおり、特にゴーロ帯は浮石が多いので、慎重に進む必要があります。
それ以外は危険箇所はほとんどないので、とにかく浮石に注意することです。
装備については、足回りは沢靴、頭部はヘルメット推奨です。また、長時間の行程となることから、多めの飲料、ツェルト、ヘッドライト、雨具、エマージェンシーキット等は当然持参するべきです。

なお、釣り人が先に入渓しているときは更に注意が必要で、基本的に釣りヤと沢ヤ・滝ヤは相容れない(というか、釣りヤに一歩的に毛嫌いされる)ので、釣りヤを見つけたら、樹林帯を進みましょう。気にせず沢を進むと不毛な争いをすることになりかねません。

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1167317.html
チェック

六方の滝

2017.05.28(Sun)

神奈川県湯河原町にある「六方の滝」

元々は無名で、中尾沢の滝(F2)とも呼ばれていましたが、最近、地元によって六方の滝の名が付けられたようです。
落差はそれほど大きなものではありませんが、その魅力は柱状節理の見事さにあります。
滝の周囲が柱状節理の岩盤というところは結構ありますが、本体部分がまさに柱状節理というのは滅多にない珍しいものと言えると思います。
初の正式開催となったツアー募集の話を滝仲間(ゆかりんさん)からもらって、3人(Rieさん、いせさん)で参加してきました(ほかの参加者は9人、ガイド4人)。
訪問は、5月20日です。

<アクセス>
この日はツアーであるため、湯河原駅前にある観光案内センターで受付を済ませ、路線バスで幕山公園に向かいましたが、通常であれば、国道135号から町道を使って幕山公園に向かいます(駐車場あり)。
公園管理棟があり、ここからスタートします。

<アプローチ>
無題


_DSC1085.jpg
管理棟横をまっすぐ進むか、階段を上って左に進みます(いずれにしても同じ場所に出ます。)。
しばらくは舗装された遊歩道となっています。


_DSC1093.jpg
しばらく進むと石の祠と鳥居があります(山の神)。

この先もしばらくは川の右岸に沿った遊歩道を進んでいきます。幕山への分岐手前で橋を渡り、また道なり(左岸)に進みます。

③,④
_DSC1173.jpg
_DSC1175.jpg
少し進むと正面に水道施設があり、フェンスで閉鎖されていますが、この右側に登山道が続いており、こちらに進みます。この辺からやっと登山道に入った感じが出てきます。


_DSC1167.jpg
しばらくすると白銀林道と合流し、少しだけ白銀林道を歩くとすぐに分岐があり、土肥大杉跡方面(右)に入ります。


_DSC1108.jpg
この辺りから苔生した樹林帯に入ります。


_DSC1166.jpg
すぐに右側から沢が流れてきていますが、ここが清水の滝との分岐になり、ここを約50分ほど遡上すると清水の滝に行けるとのことでした。


_DSC1113.jpg
少し進むと木々越しですが、谷下に滑滝が落ちています。落差は小さいですが、幅広の本流瀑です。ここは容易に下りていけそうな感じでした。

少し進むと土肥大杉跡との分岐となりますが、ここから沢筋に沿って右に進みます。何度か渡渉もありますが、岩伝いに容易に進めます。


_DSC1129.jpg
まもなく右手に紫音の滝が落ちています。ゴツゴツした岩肌が特徴的で、中尾沢の滝F1に当たります。水量は少ないですが、なかなか良い感じです。


_DSC1138.jpg
正面には無名瀑が落ちており、この前を横切って、紫音の滝右岸を高巻きます。結構な急斜面でロープが設置されていますので、不安な方は使いましょう。初心者や、山道に慣れていない人には、ここは怖いかもしれません。ただ、ここはある程度慣れていれば、まったく問題なくフリーで上り下りできます。

登り終えるとすぐ正面に、目的の六方の滝が現れました。
到着まで約2時間30分でしたが、実質約2時間で着けると思います。
※なお、椿ラインから伸びている登山道があり、ここからなら1時間弱で着けるようです(土肥大杉跡と沢の分岐付近に出ます。)。

_DSF0731.jpg
_DSF0740.jpg
_DSF0733.jpg
_DSF0748.jpg

幅広の柱状節理はとても整っていて、荒々しさだけでなく美しさも兼ね備えています。
普段の水量は少なめのようですが、このときは水量の少ない時期にかかわらず数日前の雨もあって、ちょうど良い水量だったと思います。
水量が多すぎても柱状節理の魅力が味わえませんし、少なすぎても今度は滝として楽しむことができませんから。

昼食も含めた滝前での時間は約50分で物足りなさはありましたが、ツアーとして安全に、かつ予定どおり戻るには仕方のないことですね。しかも初の正式ツアーとなればなおさらですし。
ここは清水の滝と併せてリベンジしたいところです。

装備については、六方の滝までなら登山靴で大丈夫です(清水の滝まで足を延ばすなら、沢靴必須)。
基本的には整備されたところを歩く部分がほとんどで、アップダウンもないので、快適なトレッキングが楽しめます。
唯一注意が必要なのは、高巻き部分でしょうか。

なお、この場を借りて改めまして、情報をくれたけど参加できなかったゆかりんさん、そして申込み等の調整をすべてやってくれたRieさんにはお礼申し上げます。

ゆかりんさんのブログ(滝の音とともに)

Rieさんのブログ(TAKIRIE)

いせさんのHP(isseiの里山)
チェック

立間戸谷(源助滝、牛鬼滝、屏風滝)

2017.05.13(Sat)

三重県熊野市にある「立間戸谷」

立間戸谷は、子ノ泊山を源流にしており、いくつかの巨瀑を抱え、その絶景は多くの滝ヤ・沢ヤを魅了してやみません。
特に屏風滝は絶景で、左手の遥か上方に見える屏風岩の柱状節理とともに見上げた光景は素晴らしいの一言に尽きます。
以前から行きたかった場所で、このゴールデンウィークを狙っていましたが、ちょうど1か月半くらい前に滝仲間2人がアタックしていて、上流部を含めてリベンジとのことなので、埼玉在住の滝仲間とともに4人でアタックしてきました。
訪問は、5月5日です。

<アクセス>
一度、道の駅瀞峡街道熊野川で合流&準備をしてから、和歌山県を通る国道168号を西進し、三和大橋を渡って三重県に入り、県道740号を東に約3キロ進むと子ノ泊山登山口があります。ここの路肩に駐車し、スタートします。

<アプローチ>
無題
立間戸谷にかかる橋の手前の路肩に3台くらいの駐車スペースがあり、ここが登山口となっています(①)が、基本的に要所にマーキングのある登山道を進みます。
P5050045.jpg

スタートして間もなく、左手に磨かれた一枚岩をつたう滝がありますが、基本的には涸れているか、かなり水量が少ないかのいずれかと思われます(②)。
~スタートから約5分~
P5050046.jpg

巨岩帯続く谷の右岸を進むと、対岸にカラ滝が遠望できます(③)が、そのまま進むとすぐ、巨岩帯を対岸に導くようにロープが張られている(ケルンもあり)ので、これに従って巨岩を越えながら右岸に渡ります(④)。樹林帯に入るとすぐ、右側に木梯子が斜めにかかっている(⑤)のでこちらに進みます。
~②から約15分~
P5050049.jpg
P5050050.jpg
P5050051.jpg

少し進むと巨岩があるので、その下を潜って岩の上に出ます(⑥)。
~⑤から約5分~
P5050052.jpg

谷に出たところで対岸のケルンを目印に右岸に渡り、登山道に入ります(⑦)。
~⑥から約5分~
P5050053.jpg

しばらく進むと足元に小さな案内で「源助滝」の表示があり、ここから木々越しの対岸に源助滝が見えています。ここから下にトレース痕が少しあるので、それを頼りに進んだら、岩を乗り越えながら下って行くと約10分で源助滝の正面に立つことができます。
~⑦から約20分~
_DSF0078_20170513231353ddb.jpg

再び慎重に登山道に復帰したら、また右岸に続く登山道を進むと源助滝を見下ろせるポイントに着きます。間もなく対岸の樹木に赤黄赤のテープが巻きつけられているので、それを目指すように巨岩帯右岸に渡ります。そこから岩壁の下に続く登山道を進み、高度を上げていくと、和気ノ森との分岐に着きます。ここにはゴミ捨て禁止の黄色い看板を利用してマジックで「滝→」と書かれた看板もあります(⑧)。
~源助滝直下から約20分~
P5050060.jpg

ここから、先ほど歩いてきた岸壁の上をへつるように設けられた登山道を進みます。ちなみにこの辺からは迷うような場所ははく、ほぼ一本道です。しばらく進むと、美しい淵を携えた小滝が現れます(⑨)。
~⑧から約40分~
P5050065.jpg
P5050066.jpg
_DSF0092.jpg

すぐ左手には涸滝があります(⑩)。この手前に鉄梯子があるので、これを登ります(⑪)。
登ってすぐ、木梯子があります(⑫)が、これは登らずにそのまま登山道を進みます(結果的に合流するので)。少しすると苔生した世界が広がっています(⑬)。間もなく謎の標柱があります(⑭)。子ノ泊山が北東は良いとして、滝が北西は謎です。これに導かれて違う方向に進まないようにしましょう。
すぐ木梯子(正規ルート)がありますが、横板が外れており、推奨できません。虎ロープが張られているので、ありがたくこれを利用し、いったん沢に降ります(岩巻きルート)。間もなく正規ルートと合流しますが、この辺りが欅平というキャンプサイトになっています。
少し進むと牛鬼滝のある本流と屏風滝のある枝沢とが合流する出会い滝に着きます。
~⑨から約35分~
P5050075.jpg
P5050076.jpg
P5050079.jpg
P5050081.jpg
P5050082.jpg
_DSF0093.jpg

まずは牛鬼滝に向かいます。出会い滝の右側をロープを利用しながら登り(⑮)、すぐ沢に降り立ちます。ここから渡渉して周りこむか、そのまま山肌を進むかいずれかで牛鬼滝に行けますが、色んな表情を見せてくれる滝なので、まずは渡渉して滝の左側から進み、戻るときは右側から山肌を下って来たほうが良さそうです。
P5050085.jpg

まもなく牛鬼滝に到着です。
~出会い滝から約5分~
_DSF0122.jpg
_DSF0130.jpg

落差60m、岩肌を滑るように、そして弧を描くように落ちる姿は壮大でありながら優美です。
左から見ると末広がりに見えますが、右側から見ると緩やかに弧を描いて落ちていくのが分かります。その姿はどことなく、秋田の幸兵衛滝を思い出させてくれます。

さて、ここで昼食の後、ほかの3人は牛鬼滝の上流部を目指します。
まだのこの上にはスラブ滝、ナメ滝、大滝などがあり、魅力的ではありますが、屏風滝が第一の目的でここで時間を使いたかったので、いったん別行動をとります。

先に出会い滝を降り、巨岩帯を進んでいきます。
ところどころマーキングもありますが、立ち木エリアも利用しながら進んでいきます。
おおむね、中洲から右岸、更に左岸という感じで進みました。
しばらくすると、屏風岩が上方に見えてきて、ようやく念願の屏風滝に到着です。
~牛鬼滝から約20分。スタートしてから2時間40分~
_DSF0136.jpg
_DSF0209.jpg
_DSF0222.jpg
_DSF0233.jpg
_DSF0243.jpg
_DSF0185.jpg

落差70m、左の遥か上方には屏風岩がそそり立ち、圧巻の情景ですが、これに抱かれるように右に落ちる屏風滝の景色は荘厳という言葉がピッタリです。
傾斜のある岩肌をつたうように落下してくる分岐瀑で、単体でももちろん美しく、見事です。
ここも右、正面、左と見る角度によってイメージがだいぶ変わりますが、やはり屏風岩とともに見上げる右側からの姿が素晴らしいと思います。

ここで約2時間半ほど、屏風滝を独り占めしていました。
眺めたり、撮影したり・・・そうこうしているうちに時間はあっという間に過ぎていきます。
2時45分頃、同行メンバー3人が屏風滝に到着しました。

更に1時間半ほど、思い思いに楽しんだ後、時間も押し迫っているので帰路につきます。
帰路はハイペース、先導者曰く「後ろがどんどん迫るように着いてくるから」とのこと。
帰りは1時間20分でしたが、この所要時間はアテにしないようにしてください。
普通のペースなら2時間弱程度見越したほうが良いかと思います。

リベンジ組の2人とはここで解散し、最後に鼻白滝を日没間際に見に行きました。
ギリギリで中華料理店で夕食にありつくことができ、前日と同じ宿に大満足しながら戻りました。

※注意等
このエリアにはヤマビル、マダニがいるとのことですので、ヒル避け、虫刺され対策の薬等は必要です。また、このことから、当然、できるだけ地肌を露出しないようにしましょう。
登山靴でも問題なく行けると思いますが、水量が多い時期だと濡れるかもしれません。また、岩肌がところどころ滑りやすいのと、登山道が中心になることから、フェルトタイプの沢靴はあまり推奨しません。
(装備)
頭部:バンダナの上にヘルメット(ヒル&ダニ対策)
衣服:長袖長ズボン
足:ハードタイプのラバーソール沢靴&ネオプレンスパッツ


ヤマレコにもアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1139783.html
チェック

庵座の滝

2017.05.12(Fri)

三重県菰野町にある「庵座の滝」

三重県と滋賀県の県境にそびえる釈迦ケ岳を源とする庵座谷にかかる滝で、荒々しい岩壁が印象深い直瀑です。訪問時の水量は少なめでしたが、水量が多い時期には轟音を響かせながら落下する様子が見えます。
訪問は、5月4日です。

<アクセス>
国道306号から県道762号に入り、朝明ヒュッテを目指します。この朝明ヒュッテ駐車場が釈迦ケ岳の登山道入口にもなっており、ここからスタートします。

<アプローチ>
無題
朝明ヒュッテ駐車場にあるバス乗り場横の登山口から歩き始めます(①)が、総じてところどころに案内やマーキングがあるので、周囲に注意して歩けば迷うことはありません。
P5040001.jpg
登山道を少し進み、沢に合流する辺りがキャンプ場になっています(②)。
P5040003.jpg
そのまま登山道を進むと、法面を補強した山肌が対岸に見えます(③)。
P5040004.jpg
まもなく看板があり、これに従って右に入り(④)、渡渉しますが、基本的に岩沿いに濡れずに対岸に渡れます。
P5040005.jpg
いくつか見づらいところもありますが、案内やマーキングが多いので見落とさないように進みます。
高度を上げてきたところで左下の谷がよく見える視界が開けた場所に出ます(⑤、⑥)ので、ここから左下にルートをとります。
P5040012.jpg
P5040013.jpg
ザレたところもありますので、注意しながら緩やかに高度を下げていくと庵座の滝の全体像が飛び込んできます。前衛滝の少し下流部に虎ロープが張られています(⑦)が、傾斜もそれほどないのでフリーで降りていけます。
P5040016.jpg
沢に降りてすぐ、前衛滝がありますが、右岸に鎖がある(⑧)ので、これを利用して前衛滝を巻きます。
P5040020.jpg
すぐ、庵座の滝の直下に到着(スタートから約50分)です。

荒々しい岩壁を一気に落下するさまは迫力があります。また、周囲に散乱した巨岩からも、脆く崩れやすい岩というだけでなく、自然の摂理を感じずに入られません。
滝壺は浅く、小さめですが、なかなか綺麗でした。
_DSF0015.jpg
_DSF0032.jpg
_DSF0024.jpg

登山靴でも問題なく行けますが、水量の多い時期に滝前で色んな角度から楽しみたければ沢靴又はスパイク長靴でも良いかもしれません。

なお、前衛滝の巻きですが、石英が混じった岩や石灰岩の岩が意外と脆いです。基本的に鎖やロープに身体を預けきらず三点支持が鉄則ですが、ある程度、鎖に頼った上で、岩肌を確認しながら掴み、崩れないことを確認しながらやり過ごしましょう。特に帰路で岩の脆さを強く感じました。

危険な箇所はほとんどなく、ルートも親切に案内が付いている上、1時間足らずで辿り着けるのでなかなか手軽に滝を楽しむことができます。
チェック

AKITA NATURE'S CLUB作品展

2017.04.12(Wed)

遡ること何年か前、フォトガイド名瀑紀行「あきた滝300」を探していて、既に絶版となっていた中、著者の佐藤俊正さんに譲っていただいたのが、交流を持たせていただいているきっかけになっています。

その後、一昨年秋、親しい滝仲間さんからの誘いで、一緒に秋田遠征をし、佐藤さん、小谷部さん、中泉さんと出会いました。
そして昨秋、お三方のほか土谷さんとも出会い、写真の話に花が咲いたところで、「次回から、写真展にぜひ参加して」と言っていただきました。

そして今回、初写真展参加の運びとなりました。

場所:秋田市のアトリオン
日程:4月7日~9日

8日の朝に出発し、秋田駅前のホテルにチェックイン、それから写真展に伺いました。
L1090629_01.jpg
L1090605_01.jpg
まさかこれらのポスターに私の作品が3枚も使っていただけるとは・・・(気を使ってくださった?)

皆さんに御挨拶してから、すべての作品を鑑賞・・・と思ったら、最初のブースである最近の受賞の3枚目に「輝きの朝」が^^;
L1090567.jpg

輝きの朝
※Zekkeiいばらきフォトコンテスト入賞

そして2人目のブースが私になっていました。
L1090576.jpg
L1090577.jpg
L1090582.jpg
L1090585.jpg

自分の写真が見劣りするなぁと思ってしまいましたが、皆さんからお褒めの言葉をいただき、また、会場に足を運んでくださった方々が私の写真のまで足を止め、指差したり、話し込んだりしているのを拝見して、気恥ずかしさと嬉しさがありました。

皆さんそれぞれに、写真に個性が感じられ、また、テーマも垣間見えて、なるほどなぁと勉強になりました。
また、新たな出会いもあって、とても有意義な初写真展となりました。

最終日の夕方には、秋田出身の風景カメラマン、小松ひとみさんが会場に来てくださり、、すべての作品をじっくり見てくださったそうです。
あとから佐藤さんから教えていただきましたが「このような色で撮り方で全部統一したら面白い作品になる」と批評をいただけたそうです。

「自分らしい写真とは?」と、毎度模索しながら、足掻いていますが、自分が狙っている色だとか撮り方だとか・・・これが結果的には自分らしい写真に繋がっているのかな?と少しだけホッとしました。

今年からは、もっとテーマを見つけて、じっくり風景と向き合いたいと思います。

今回、展示等すべてにおいてお世話になったAKITA NATURE'S CLUBの皆さん、ありがとうございました。
そして、会場にお越しくださった皆さん、ありがとうございました。
チェック

プロフィール

すずき

Author:すずき
滝を求めて、趣味のカメラを携え、東奔西走しています。
メインのHPはコチラ。
「ぶらり滝めぐり」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。